« ぱねぇっ! | トップページ | そこに線路がある限り? »

2010年1月10日 (日)

聖金曜日…

J.S.バッハ ヨハネ受難曲  フリュッヘン  フィリップス

 テーマがテーマですので、荘厳の一言にいきつくかと…こちらはバッハが39才(1724年)の時ライプツィヒのトマス・カントルになっての最初の聖金曜日に聖ニコライ教会で初演されたとか。ちなみにこちらの作詞者は不明らしい…詳細は専門家の方に任せるとして、トーシロが聴くには歌だなぁだったりして(笑)オケの部分より、歌唱パートのいってる感じがすげぇとゆーか(笑)ドラマですねんとゆーか、あねさん事件ですなのか(笑)

 アリス的には准教授のバッハ好きからなんですけど、准教授がこーゆー宗教色の強い作品についてはどーなのか?天下無敵の無神論者だからなぁ(笑)まぁ、アリスはともかく、こーゆーのになるとウルフ先生とかに軍配があがるのかなぁ?はてはて?

 収録曲

Disc 1
 第一部
1.第一曲 主よ、その誉れが
2.第二a曲 イエスは弟子たちと一緒に
 第二b曲 ナザレのイエスだ
 第二c曲 イエスは言われた
 第二d曲 ナザレのイエスだ
 第二e曲 イエスは答えて言われた
3.第三曲 おお、大いなる愛よ
4.第四曲 それは、あなたが与えてくださった人を
5.第五曲 主なる神よ、あなたの御心が行われますように
6.第六曲 そこで一隊の兵士と
7.第七曲 わたしのさまざまな罪のしがらみから
8.第八曲 シモン・ペトロともう一人の弟子は
9.第九曲 わたしもまたあなたに喜び勇んでついて行こう
10.第十曲 この弟子は大祭司の知り合いだったので
11.第十一曲 あなたを打つのは誰なのか
12.第十二a曲 アンナスは、イエスを縛ったまま
    第十二b曲 お前もあの男の弟子の一人ではないのか
  第十二c曲 ペトロは打ち消して言った
13.第十三曲 ああ、わたしの想いよ
14.第十四曲 ペトロは思い返すこともなく

 第二部
15.第十五曲 キリストはわたしたちに至福を与えられ
16.第十六a曲 人々は、イエスをカイアファのところから
    第十六b曲 この男が悪いことをしていなかったら
    第十六c曲 ピラトが彼らに言った
    第十六d曲 わたしたちには、人を死刑にする権限がありません
    第十六e曲 それは、御自分がどのような死を遂げるかを示そうとして
17.第十七曲 ああ偉大な王よ
18.第十八a曲 そこでピラトが言った
    第十八b曲 その男ではない。バラバを
    第十八c曲 バラバは強盗であった
19.第十九曲 とくと見なさい、わたしの心よ
20.第二十曲 思ってもみなさい、あの方の血に染まったお背中が

Disc2
1.第二十一a曲 兵士たちは茨で冠を編んで
 第二十一b曲 ユダヤの王、万歳
 第二十一c曲 そしてイエスを平手で打った
 第二十一d曲 十字架につけろ!十字架につける!
 第二十一e曲 ピラトは言った
 第二十一f曲 わたしたちには律法があります
 第二十一g曲 ピラトは、この言葉を聴いてますます恐れ
2.第二十二曲 神の子よ、あなたが捕らわれたことにより
3.第二十三a曲 しかし、ユダヤ人は叫んだ
 第二十三b曲 もし、この男を釈放するなら
 第二十三c曲 ピラトは、これらの言葉を聞くと
 第二十三d曲 殺せ。殺せ。十字架につけろ
 第二十三e曲 ピラトはユダヤ人に言った
 第二十三f曲 わたしたちには、皇帝のほかに王はありません
 第二十三g曲 そこで、ピラトは、十字架につけるために
4.第二十四曲 急ぎなさい、悩める魂たち
5.第二十五a曲 そこで、彼等はイエスを十字架につけた
 第二十五b曲 ユダヤの王と書かず
 第二十五c曲 しかしピラトは答えた
6.第二十六曲 わたしの心の奥底では
7.第二十七a曲 兵士たちは
 第二十七b曲 これは裂かないで
 第二十七c曲 それは、彼らはわたしの服を分け合い
8.第二十八曲 彼は全てに気を配られた
9.第二十九曲 そのときから、この弟子は
10.第三十曲 成し遂げられた
11.第三十一曲 そして頭を垂れて
12.第三十二曲 わたしのだいじ救い主よ、聞かせてください
13.第三十三曲 見よ、そのとき、神殿の垂れ幕が
14.第三十四曲 わたしの心よ、全世界が
15.第三十五曲 融けて流れよ、わたしの心
16.第三十六曲 その日は準備の日で、翌日は特別の安息日であったので
17.第三十七曲 おお、助けたまえ、キリスト、神の子よ
18.第三十八曲 その後、イエスの弟子でありながら
19.第三十九曲 憩え安らかに、聖なる御身体よ
20.第四十曲 ああ主よ、あなたの愛らしい天使をつかわし

 ニコ・ファン・デル・メール  テノール・福音史家
 クリスティン・ジグムンドソン  バス・イエス
 アンネヘール・ストゥンフィウス  ソプラノ・アリア
 ジェイムズ・ボウマン  アルト・アリア
 クリストフ・プレガルディエン  テノール・アリア
 ペーター・コーイ  バス・アリア
 イェッレ・ドライヤー  バス・ピラト
 ダヴィット・バリック  バス・ペトロ
 ミヒエル・テン・ホウテ・デ・ランゲ  テノール・下役
 アディンダ・デ・ニース  ソプラノ・女中

 オランダ室内合唱団
 18世紀オーケストラ
 フランス・ブリュッヘン 指揮

|

« ぱねぇっ! | トップページ | そこに線路がある限り? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖金曜日…:

« ぱねぇっ! | トップページ | そこに線路がある限り? »