« ぐるぐる回る回る~ | トップページ | れとるとぉ~ »

2010年1月30日 (土)

手帳?

すし手帳  坂本一男・監修  東京書籍

 何とゆーか、この本に関してはサイズが全てのよーな気がする~とゆーのもタイトルに偽りなしでこちらの本(?)本当にに手帳サイズ、縦が16cm横が9cmの大きさ、装丁も真っ黒で本当に手帳とおんなじ造り(笑)そこに寿司一貫一ページの割合で掲載されておりまする。写真がページの半分を占めていますが、短いエッセイもそれなりに充実しているし、旬の表記はあるし、ネタの名前も標準、漢字、英語、地方名、すし名とありまして、分布から主産地まで載っているんでございますよん~

 個人的にああと納得したのが、しんこ(新子)、こはだの若バージョンとゆーか、小さい魚を何枚か重ねて握るんですけど…夏にはよくある風景なんだよなぁと(笑)後はするめいか、するめにするにはするめいかが一番かと思っていたら、一番はけんさきいかだとは…ちなみにけんさきいかのするめを一番スルメ、するめいかのするめを二番スルメと言うそーな…

 何にしてもこちらの本携帯に便利なので新人の営業の方が重宝するかも?接待で恥かかなくてもすむかもかも?

 アリス的に寿司と言うとダリ繭か?准教授の寿司折は何だったのだろーと未だに不思議に思っているんですが、こちらの本的にはいさきかなぁ?幼魚期に黄色い地に三本の暗褐色の線が入っていることから猪に似ているって事でうりんぼうと呼ばれるそな(笑)後はネタとしてのズワイガニとか…ええ准教授の好物ですし(笑)ちなみに旬は12-2月らしいので冬は二人で日本海へか(笑)

 でもっておおって引っかかったのがコラムの欄の鯛の九つの道具、有名どころはあの鯛中鯛ですが、その中の一つに大龍があるんですよぉ~これは大龍にうけそー(笑)アリスは絶対すし屋に連れて行って一説ぶっているに3000点~

 目次参照  目次-書籍

|

« ぐるぐる回る回る~ | トップページ | れとるとぉ~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手帳?:

« ぐるぐる回る回る~ | トップページ | れとるとぉ~ »