« あるいてきたの? | トップページ | ぱねぇっ! »

2010年1月 8日 (金)

うどんと言えば?

本場さぬきうどんの作り方  香川県生麺事業協同組合・監修  旭屋出版

 何の本かというとまるまる全てさぬきうどんの本。判型のA4サイズで大きめだし、写真も多めなのでちょっとした写真集ばりの本ですが、メインはやっぱりその手順となるのかなぁ?うどんですから、粉と塩と水をこねるだけなんですけど、シンプルなだけに腕が如実に出てしまうという罠…更に出汁やかえしの作り方も掲載されているので、本当これ一冊でさぬきうどんが出来る、かもしれない(笑)

 ちなみにさぬきうどんの食べ方はいろいろあるけど、主なバリエーションはざるうどん、しょうゆうどん、釜あげうどん、ぶっかけうどん、打ち込みうどんと後は種もので楽しむとゆー事らしい~でもまぁ、トーシロ的に一番の難関というかお楽しみはセルフ型うどん店のシステムだろーなぁ(笑)一見さんには敷居が物凄く高い気が…

 それでもって出汁に煮干を使うのがデフォらしいんですけど、煮干って背黒系と白口系に分かれるそーな…そして瀬戸内は白口系なんだそな。ちなみに白口系の煮干の方が苦味が少なくて甘味があるのが特徴だそーで、これがうどんの出汁としてよくあうのだとか~

 アリス的にうどんというと、今のところ出てこないよーな気がするんですが?どーだろ?アリスって蕎麦派なんだろか?でも関西ならきつねうどんだと思うんだけど?どだろ?ついでに言うとあの橋を渡ってアリスなら本場香川までうどん食べに行ってそーな気がしないでもないんですが(笑)

 でもってこちらの本、讃岐紹介がメインなのか郷土料理もいろいろと出ていてこれが非常に面白いとゆーか、ネーミングが妙にかわいいんですけど?しょうゆ豆はともかく、てっぱいとか、まんばのけんちゃんとか、子持ち鮎のひらら煮とか、イギス豆腐とか、鰆のかんかんずしとかとか~アリスにうけそー(笑)

 目次参照  目次-書籍

|

« あるいてきたの? | トップページ | ぱねぇっ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うどんと言えば?:

« あるいてきたの? | トップページ | ぱねぇっ! »