« すーぱーえくすぷれすとは? | トップページ | だからすーぱーえくすぷれす? »

2010年2月11日 (木)

すーぱーえくすぷれすなのだ?

ビジュアル図解 まるごと!新幹線  梅原淳  同人館出版

 新幹線は続くよどこまでも?第二弾です(笑)何とゆーか、こちらの本は男の子向きかなぁ?切り口がメカっぽいと言おーか?物事の見方っていろいろあると思うんですけど、こちらはビジュアル図解とあるよーに見開き二ページの右が文(解説)とすると左がまるまる一ページ絵とか写真とかグラフとか表とかフローなんですよ。非常に分かり易い作りです。この絵の多さは専門知識のないトーシロには有り難いと…レールの敷き方一つ、架線の張り方一つみても、えええっ?の嵐…いやぁ電車(この場合は新幹線ですけど/笑)一つ動かすって裏方的に大変な世界だったのだなぁと感心してしまいまする…人手のいる仕事だったんですねぇ、当たり前だけど…

 とゆー訳(?)でこちらの本は小学校高学年の男の子に薦めるなぁ(笑)好奇心が思いっきり刺激されるよーな気がしまする。幼稚園の頃に将来は電車の運転手になりたいーなんて言ってたけど、いやぁ電車の仕事ってそれだけじゃないんだよぉぉぉな感じでしょーか(笑)

 アリス的には新幹線ネタ、毎度おなじみの海奈良なんでしょーが、こちらの本的にはオオサカンとゆー事で万国博覧会の輸送についてとか、上方演芸が全国に広まったのは東海道新幹線のおかげだと言われているとか?

 後、大阪的には新幹線とゆーと東海道と山陽になるんでしょーけど、結構新幹線関係の施設が大阪にはありまする~例えば運転士の講習施設はJR西日本の場合、西日本旅客鉄道株式会社社員研修センター(吹田市)になるそーな。新大阪駅だけではなかったのねぇと(笑)

 目次参照  目次-鉄道

|

« すーぱーえくすぷれすとは? | トップページ | だからすーぱーえくすぷれす? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すーぱーえくすぷれすなのだ?:

« すーぱーえくすぷれすとは? | トップページ | だからすーぱーえくすぷれす? »