« ほーせきってなんだ? | トップページ | すーぱーえくすぷれすとは? »

2010年2月 8日 (月)

へやへやへや?

インテリア スタイル ノート  窪川勝哉  誠文堂新光社

 インテリアスタイリストといっていいのか?まぁーいわゆる一つのお部屋案内とゆーか?雑誌に出ている部屋そのものっていうか?プロのスタイルテクニックとしてリビング、ダイニング、ベットルームと同じ家具を使用しても雰囲気この位変わるよーんとゆーパターン説明と、おうち案内と、プロのセレクトで家具リストというよりカタログかなぁ?あと、インテリアショップも巻末近くにまとめて出てます(笑)

 どーもメインターゲットが20-30代の方向けかなぁ?とゆーノリかなぁと…20代っぽいかなぁと思いつつも家具類の価格設定を思うと30代かなぁと…ベットとか椅子とかそれなりにしますから(笑)なので40代でも独身の方まではなんとか範囲内かなぁと…50代以降は多分こーゆーフォトジェニックな部屋より使い勝手が勝ちそーだよなぁと思うので…掃除とか重量とか飽きのなさとか(笑)

 それにしてもデザイン系の本は余白の美が大前提なのかなぁ?と毎回思うのだが、一般の本に比べて字のポイントが小さいんですよね(笑)写真はそれなりに大きいので、そーゆー仕様なのかしらと?業界統一規格とか?

 アリス的にインテリアというと夕陽丘のソファかなぁ?本書的にも椅子のカタログがあってその中からするとTogo(リーン・ロゼ社/仏)のが合ってそーかなぁ?何故これかとゆーとたいていのソファって肘掛がしっかりあるんだけど、こちらのソファにはそれがないんですよ。で、それなりに大きそーだし、これなら准教授も横になっても楽だと思うんだ(笑)ねそべるのにぴったりなソファかな、と(笑)

 で、テーブル的にはLOVが宜しいのでないかと(笑)こちらのシリーズ、表面が植物のモチーフ柄がうづくりという技法で入っているんですよ~自然なのに美しス…アリスはきっとこーゆーの好きそーだなぁと(笑)後はオオサカンとゆー事で大阪を中心に活動しているとゆーgrafの作品とか(こちらの本だと椅子とかカトラリーが掲載されてます)で、モノクロ好きの准教授にはモノクロコーディネイトのお部屋も掲載されているんですが、総じてそれらってスタイリッシュな感じなんですよね…准教授の感性とは矢印が真逆な感じといおーか(笑)ただ、准教授の部屋って畳なんで座椅子もどきのTatami Chair(ヴァーナー・バントン/デンマーク)をお薦めしたい(笑)生成りなんでどこにでもフィットしそーでいておされなんですよぉ~

 目次参照  目次

|

« ほーせきってなんだ? | トップページ | すーぱーえくすぷれすとは? »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へやへやへや?:

« ほーせきってなんだ? | トップページ | すーぱーえくすぷれすとは? »