« 花、ハーブ、スパイス… | トップページ | 中今? »

2010年3月 3日 (水)

まにうける(笑)

橋本治と内田樹  橋本治・内田樹  筑摩書房

 何の本かというと作家と大学教授の対談本という事になるんだと思うのですが、うーむ、こちらの本のメインターゲット層ってどの辺りになるのかなぁ?まぁ両者のファンの皆様は当然として、後はとゆーと、うーんんんんん?本書は二部構成になっているのですが、一部だけを見るなら十代の少年少女がお読みになると、ちょっと生き方変わるかもの世界かなぁ?好き嫌いは別にしてこーゆー見方もあるとゆーか?人によっては肩の荷が楽になるかも?

 個人的な感想はとゆーと最後に向かっていくにつれて男の人の話だぁかなぁ?男性思考がバリバリの世界という訳ではないんですけど、こー若い女性に優しくておばさんに厳しいとゆーか、若い男性に厳しくておじさんに優しいとゆーか、そーゆーニュアンスになっていく感じを勝手に受けちゃったんですよね…ある意味自然なんですけど、しみじみと普通なんですけど、面と向かって出来る人ってそーはいないよな?だからと言って面と向かって言っている訳ではないんですけど…まどろっこしい書き方で何なんですが一言でいうとあっ、ああぁーって膝をたたくアハ体験みたなノリといおーか(笑)

 で、何を語っているかというと橋本治論なんだろぉと思います。思いますが話が縦横無尽に飛んでいるので、その尻尾を追うだけでトーシロには精一杯とゆー…

 アリス的にどこが?とゆーと作家って何だ?みたいなノリで軽く手に取ってしまったら、作家も色々あったのだと…そりゃアリスも朝井さんも赤星も同じ作家のカテゴリーでも違うもんなぁ…とはいえ色々と重なるとゆーか、そーだったのかなぁ的に引っかかるところがあって、例えば小説現代の新人賞で佳作デビューしてるんですけど作家は「佳作っていうのは何かが足りなくて佳作だったんだろうっていうふうに私は受け止めてしまったんですよ」と言う訳です…確かアリスもゴールドアロー賞の佳作だった訳で、そーするとアリス的葛藤もあったんだろか?とふと思ってみたりたり…また、「文学の暗黙の約束って語り手は言葉がうまいということですからね」と教授が言うんですね(笑)そーゆー意味では確かにアリスがワトソン役とゆーのははまり役なんだなぁと、何故ってミステリ作家が語り手なんですから(笑)

 更に作家いわく「魅力のない嘘つきは小説の主人公にならない」だそーで…そっかー准教授って嘘つきだったのか(笑)でもって「知的パフォーマンスを最高値に高止まりさせたい人は、生活上の変化を嫌う」って、准教授の北白川生活とゆーか、あの白ジャケにも意味があったんですねぇ…ちなみに「若いときは自分がないんだから、自分を消すのはたいしたことはない。今の若い人は皆オシャレが上手だから、その分、とても自分が希薄なんだと思います。お洒落が自己主張と言っているぐらいだから、主張する自己もあんまりないんですよ」って…准教授って若くないのか、それとも自己ありまくりなのか…じっと手を見る(笑)でも「日常的におしゃれしている人って、そのことにすごーくエネルギーを使うから、あまり頭はよくならないんですよね。経験的な事実として。」とあるので、准教授とふと納得してしまいました(笑)

 でもって一番ひえぇーとしたのがインターネットについて言及化しているとこで「インターネットの弊害というのも、そういう大衆文化みたいなもので、本来参加しない方がいい人が、とんどん参加をしてきてしまうから、そのことで意味がなくなってしまうのかなあという気はする」とかあって…気軽にブログなんて書いていていいのか?胸に手をあててちょっと反省しつつ、まっこんな弱小ブログじゃ無人に等しいのでカウント外だよなぁと(笑)

 目次参照  目次-文学

|

« 花、ハーブ、スパイス… | トップページ | 中今? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まにうける(笑):

« 花、ハーブ、スパイス… | トップページ | 中今? »