« 全ての道はワ○ロに、もといゾ○ヨに通ず? | トップページ | 星と星と星と星~ »

2010年4月14日 (水)

四代目?

京都駅物語  荒川清彦  淡交社

 サブタイトルが駅と鉄道130年のあゆみでして、京都駅を中心にした日本の鉄道史かもしれないなぁとか?言わずと知れた日本の鉄道は新橋-横浜間に端を発するんですが、その前の年に京都-大阪間の測量が始まっていたりするんですよ(笑)ちなみに京都-大阪間が開通したのはその四年後の1874年5月11日でして、明治は一桁代から鉄道の歴史は続いて行くんですねぇ…

 鉄道開業式は1877年2月5日となるそーで、取り合えずこれが初代の京都駅とゆー事になるらしい…瀟洒な洋風建築、赤レンガ造り、二階建て、左右対称の切妻屋根、中央に石造りの時計塔ありの駅舎だった模様…写真からすると今だとプチホテルみたいなノリかなぁ?かわいい感じなんだが…

 でもって、時代が進むにつれてちょっち手狭になってきたし、大正天皇の即位式が御所であるし、とゆー突貫工事で1914年8月15日二代目京都駅が出来たと…設計は渡辺節、総檜造り、木造二階建て、外観は石造ルネッサンス式建築様式だそー…これまた写真で見ると古い欧米の大学の校舎のよーなんですが(笑)

 でこれが1950年11月18日に全焼してしまうんですね…そして三代目がやってくると(笑)これまた突貫工事で1952年5月27日に京都駅の竣工式が行われたんですねぇ…写真で見る分には鉄筋コンクリートの普通のビルっぽいとゆーか?コルビジェっぽい感じかなぁ?しかし見た目に反して内緒で造った茶室があったり、蒔絵のパネルがあったり、どことなく和風なニュアンス入ってますの世界なのか?

 アリス的に京都駅というと三代目になるのかなぁ?今は四代目なんですけど、アリスが京都に通学していた頃は三代目だよね?

 ちなみに四代目は平安遷都1200年にあわせての建て替え事業だそーな…1997年7月12日開業記念式典が行われたとか…設計は原廣司、写真を見る分には横に長い普通のビルにしか見えないんだけど、とにかく凄いらしいとゆーか、この四代目の章は現役だけあって凄い凄い凄い駅なんだぞぉーとゆー勢いが凄い…熱い文です…檄文か(笑)今そこにある駅なので行ってみて確かめるのが一番かと(笑)いや、もーJR西日本の回し者かと思われる程愛に溢れています…

 ところで駅というとミステリー的には良く使われるのでアリスもホテルシリーズもいいけど、ステーションシリーズもあってもいいと思う今日この頃(笑)

 目次参照  目次-書籍  目次-鉄道

|

« 全ての道はワ○ロに、もといゾ○ヨに通ず? | トップページ | 星と星と星と星~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四代目?:

« 全ての道はワ○ロに、もといゾ○ヨに通ず? | トップページ | 星と星と星と星~ »