« たむけよくせよ、荒らしその道… | トップページ | ざぱんのうみ~ »

2010年5月23日 (日)

Football is very good, Always joke.

オシムがまだ語っていないこと  原島由美子  朝日新聞社

 何の本かというと朝日新聞のジェフ番だった記者によるオシム語録なんでしょーかねぇ?改めて読み返すと走馬灯のよーな不思議な感覚が甦るとゆーか…こー何とゆーかブレない人だったのだなぁとしみじみしてしまいます(笑)私は神など信じない。私は人を信じるタイプ。人生から学んでいくタイプだと自己分析していますが、オシムほど貴方色に染まりますの対極いる人はいないのではなかろーか(笑)でもって、全てを己色に染めてしまえという世界から一番遠いところにいるよーな(笑)

 さて、来月から南アW杯が始まりますが、日本的にはチェンジの答えが世界中に発表してくれぇーになってしまうんでしょーねぇ(笑)前日本代表監督であったオシムの言になぞえれば、「ある部分であまりに急速に変化させると、他の部分も手をつけなければならなくなる。全体を急速に変化させると、いい結果は生まれないことが多い」だそーで(笑)変わっているのか?変える気あるのか?変わって良かったのか?それが問題だ?ってか(笑)

 監督にしても選手にしても多分今後要不要論が出てくると思われますが、まずは「誰かを『不要だ』などと言う人間は、いつか自分もそういう立場に陥るようになる。人生とはそういうものだ。その時、自分はどう感じるのか、考えてみるがいい」を思い出せるんでしょーか?いつも心にれん○うをになってしまうとか(笑)

 アリス的にサッカーって本当にそんなの関係ねぇー(古っ/泣)の世界でアレなんですけど、イングランドも出場しているからウルフ先生とか(笑)とゆー困った時のウルフ先生頼みもあるんですけど…この言葉の重みはアリスが反応しそーで(笑)暗喩や隠喩やダブルミーイングなんてお手のものだもんなぁ(笑)

 現実的に「戦争という不幸は、人間の作るプログラム」だとか、「監督をしていて常に満足、幸せというのはあり得ない。あまり深く考えない人だけが、幸せになるのかもしれない」とものすごーくペシミストっぽい発言もありーので、ズーンときそーなんですが、更に「選手には厳しいシーズンとなり、記者からの重圧もあるが、私や社長が矢面になろう。何かを成し遂げられると信じたい。もし、うまくいかなければ、私は去るのみだ」とありまして、責任と潔さを兼ね備えたトップってこの国では皆無ではなかろーかと、ふと思ってみたりたり(笑)

 パンドラの箱にも最後には希望があったのだなぁとかみ締めて、取り合えず南アには「スタジアムが満員になったという重要性が理解されない人が、もしここにいるなら、おやめになった方がいい」の意味を再確認する事になるのかもなぁ?この人たちを失望させてはいけないと思ったと知将は宣言するのですよ…

 その他にも素晴らしー言葉がいっぱいですのでサッカーに興味のない方にも一読の価値はあるかと~

 目次参照  目次-その他

|

« たむけよくせよ、荒らしその道… | トップページ | ざぱんのうみ~ »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Football is very good, Always joke.:

« たむけよくせよ、荒らしその道… | トップページ | ざぱんのうみ~ »