« 関東風なのか?関西風なのか? | トップページ | Football is very good, Always joke. »

2010年5月20日 (木)

たむけよくせよ、荒らしその道…

幻の時刻表  曽田英夫  光文社

 タイトルは時刻表なんですけど、どっちかとゆーと路線がメインのよな?一応、今は昔の時刻表を見て往時の路線に思いを馳せるノリみたいです。今現在も現役の路線もあれば、廃線になってしまったものもありで、何とゆーか昔昔あるところでのノリに近いのかな?と勝手に思ってみたり(笑)

 章立てで五つに分かれており、最初は大陸鉄道、東京からパリへの道のりみたいなノリかなぁ?時間軸としては昭和11年頃とゆーから戦前ですねぇ…こーゆーのって行って帰るなのかなぁと思ったら向こうからの密航も後を絶たなかったというとあるので、時代ってって奴なんでしょーか…林芙美子のシベリア鉄道内の母子連れのくれくれ攻撃の件りもスゲェの世界か?ちなみに芙美子は「恨みがかってはおそろしいと、半分引き破って呉れてしまいました」とあるんですよね…こーゆーのも治安に入るのだろか?

 二章と三章は本線と支線、それと盲腸線となってどっちが本線?とか盲腸線の場合は廃線へ一番近い路線な話で、ちなみに廃線めぐりのメッカって志布志線の後だそー…駅も残っているそーで、しかも復活運動が未だに続いているとか…こーゆーのって全国区的に他にもあるんだろぉなぁ…

 アリス的には、時刻表ときたら反応しない訳にはいかないでしょー(笑)廃線の辺りはアリスの廃墟趣味とも一致しそーだし(笑)ちなみにアリスの趣味の一つの野球に関するものから、三ヶ月だけ営業したらしい武蔵野競技場線なんてどーでしょ(笑)三鷹-武蔵野競技場間の路線なんですが、何のためとゆーと旧国鉄スワローズの為なんですね…

 後は四章の国鉄となった私鉄のとこで阪和鉄道の話が出てきまして、天王寺-和歌山、周参見とつながっていたとか…ちなみに阪和鉄道は後に南海鉄道と合併されて、さらに国鉄の買収に続くらしい…天王寺駅って関西本線だったのですねぇ…この辺りはアリス詳しそー(笑)ちなみに五章は台湾、沖縄、樺太の鉄道についてちょこっと載ってます…台湾、沖縄は知ってたけど樺太にも鉄道あったのですねぇ…でもって実は樺太に宮沢賢治が旅していたとは…詩集も出たそーですけど銀河鉄道の夜ってここで着想かだとか?うわぁぁぁぁーっ…

 目次参照  目次-鉄道

|

« 関東風なのか?関西風なのか? | トップページ | Football is very good, Always joke. »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たむけよくせよ、荒らしその道…:

« 関東風なのか?関西風なのか? | トップページ | Football is very good, Always joke. »