« 元祖? | トップページ | まんなかとおるはちゅーおーせん? »

2010年7月11日 (日)

みねらるみねらる?

ミネラルウォーターパーフェクトガイド  日高良実・監修  東京書籍

 水というと水道から常に流れるものではなくて、ペットボトル入りのものを指すよーになって何年位になるのかなぁと思いつつ、今となっては無限大と言っていい位種類があるよーな?本書的には日本のと外国のミネラルウォーターと、更に化粧水としての名水スプレーが掲載されています。紙幅の関係から全てという訳にはいかないにしても有名どころは抑えている感じかなぁ(笑)

 例えば日本での草分け的存在の富士ミネラルウォーターとか?昭和四年発売とゆーから、相当な歴史ありなんでしょねぇ?ラベルもいにしえを感じまする…ちなみに国公賓を招いた公式の席での卓上水としても使用されるそーな…

 個人的にはごろごろ水(奈良・五代松鍾乳洞)が気になったんですが、弱アルカリ水で身体にもいーそなんだけど、ネーミングがかわいいんで(笑)後はネーミングで言ったらてんねんでんねん(和歌山・長峰山系)かなぁ?面白い名前だと思ったら吉本興業が販売しているとか?後はハイジランドウォーター(スイス)かなぁ?硬水らしいので飲み口は硬いらしいけどカルシウム補給には良いとか(笑)何と言ってもラベルがかわいいのだ(笑)

 アリス的に水というと、スイス時計の准教授の水になるんでしょーか?果たしてあの時出てきたお水はどこの水?と今でも疑問に思っているのですが?大阪のお店ですから、大阪の水でいこまの名水IKOMA SPAとかになるんでしょーかねぇ?弱アルカリ天然硬水だそーで飲む温泉なんだとか?通風、慢性消化器病、慢性たんのう炎に効くとか?准教授お疲れだったとか(笑)それとも准教授の地元京都の水という事で美山の水かもなぁとか?ちなみにこちらのお水、緑茶、麦茶、烏龍茶向きらしい…さすが京都という事か(笑)

 私的には准教授にはお薦めなのはアバニ(カナダ)かなぁ?通常の水の七倍も酸素を含むそーで、運動、疲れ、ストレス、飲酒にもなんだけど何がと言えば喫煙などで身体の浄化が必要な時に効果を発するそーで、愛煙家の准教授にはぴったりかと(笑)アリスにはアクアマドンナ・ウォーター(伊)かなぁ?微炭酸の硬水でサルフェートもあるとゆー女性に人気の水だそーだけど、何でこれって形ですか(笑)青くて奇麗なボトルに入っているんですよ~さすがデザインの国イタリアです。でもってこーゆーのアリスが好きそーで、で(笑)ちなみにウルフ先生はティナントスプリングウォーター(英)かなぁ?こちらも奇麗な青い瓶で、イギリスのガラス協会デザイン大賞を受賞しているとか~

 目次参照  目次-ソフトドリンク

|

« 元祖? | トップページ | まんなかとおるはちゅーおーせん? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

飲物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みねらるみねらる?:

« 元祖? | トップページ | まんなかとおるはちゅーおーせん? »