« 寺を歩けば石にあたる? | トップページ | 夏摘み~ »

2010年8月 2日 (月)

ここはどこ?どこ?どこ?

鉄道地図は謎だらけ  所澤秀樹  光文社

 何の本かというと国内の鉄道の不思議発見のノリかなぁ?取り合えずクイズを作製するなら100は無理でも10位はかるく番組作れそーな位はーへーほーの嵐です(笑)まぁ当たり前ですが、物事計画的に進む訳でもなく、政治やら経営やら競争やら沿線住民の思惑やらとにかく混沌と進んで行く訳で、無駄だよなぁとか意味不明とか法的に正しいとか、ほんまかいなそーかいなの世界炸裂(笑)トーシロには物凄くディープなんですが、淡々とした文章なのでヘェーと言っているうちにページ進みます(笑)著者自身も「本書は、路線・線路の集合体である鉄道地図の楽しみの上澄みの部分を、ご迷惑かもしれないが、堅気の方、いや一般の方にもお裾分けしようと思い筆を執ったものである。が、鉄道道楽にはかかる趣向もあったのか、まあ、人生いろいろ、道楽もいろいろだねと、せいぜいご笑覧いただければ、それはそれで望外の喜びである」とあるよーに、楽しんでくらはいのフレンドリーさなんですけど、でも上澄みなのね…鉄道奥深いっす(笑)

 駅名読みなんかも柏原って何と読むに、東海道ならかしわばらで関西ならかしわらで福知山ならかいばらって…日本だよねぇ(笑)と豆知識にへぇーしながら、路線地図をじっと見るとか(笑)まぁでも政治が介入し過ぎると、木に竹を接いだような妙な鉄道地図になるそーで、一駅期間だけ別会社とか、蛇行しすぎている路線とか、もー首を捻るべきか笑うべきかそれが問題だってか?

 アリス的にアリスが鉄オタなので続いている鉄道本読みなんですけど、うーん本書的には大阪鉄道の道明寺からの路線ですか?今は阿倍野ですが、前は阿部野で、開設当時は大阪天王寺だったゆー…関西の地理に疎いので、違いが今一分からないんですが、天王寺と阿倍野って同じ位の位置関係にあったのか?感覚的には丸の内と八重洲の違い位の距離なのか?うーむ?

 ちなみに大阪の路線って、東海道本線と山陽本線とどこからどこまでって…かなり難しいものが(笑)大阪環状線も「大阪・大正・大阪間、野田・大阪市場間及び貨物支線を天王寺から新今宮まで並びに野田から分岐して大阪市場まで、大正から分岐して大阪港まで及び浪速から分岐して大阪東港までとしている」ってどーゆー事なんだー???地理って大切だなぁとしみじみしました…

 さて、本書的に一番おろろいたのが貨物線の話というか、貨物の話ですね(笑)いやぁそんな路線があったなんての世界に加えて、物が貨物って事はつながっている先が港とかならともかく、工場だったりすると私設の中に線路があるとな?とか境界表示を追っていくとどこの?とかみんなで共同なのか?とかもー何とゆーかマジで貴方の知らない世界…立ち入り禁止区域が多そうなのも、またアレなんですけど、一日に一本しか通らないどころか月単位でいつとか?年単位でいつとか?になるともー会えるだけで凄い事ですねんの世界…うーん、貨物物流関係狙い目かもしれません(えっ?)詳細は本書を読めです(笑)

 目次参照  目次-鉄道

|

« 寺を歩けば石にあたる? | トップページ | 夏摘み~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここはどこ?どこ?どこ?:

« 寺を歩けば石にあたる? | トップページ | 夏摘み~ »