« いにしえの倫敦のみやこのろこもーしょん? | トップページ | 5分待つのか?6分待つのか(笑) »

2010年11月 8日 (月)

手軽で安くてお腹いっぱい?

予約が取れない店の一流シェフのまかない料理  並木麻輝子  ブックマン社

 何の本かというといわゆる一つのレシピ本なんだと思うんですが、コピーが普段着のシェフ、ちょっとオフな厨房。料理店の舞台裏で出会ったメニューにない逸品とあるよーに、まかない飯のレシピ本なんですよ。店で出す料理じゃないからぶっ掛け飯みたいなのを想定していると、ちょっと違う世界が(笑)いやぁー食材は確かに残り物も使用しているんですけど、そこはタイトルにあるよーに一流レストラン、品が違うんだよ、品がの世界が(笑)それよりも何よりもそこから出来ている料理がこれまたちゃんとした一品料理でして、やはりプロは違うよのぉと感心というか、感嘆というか、うん、これ位ちゃちゃと出来ないとプロとは言えないんだなぁと…

 個人的にへぇーと思ったのは意外とフライ系食べているんだなぁとゆー印象を持ってしまったりして、ちなみにイベリコ豚のカツレツ(ローブリュー/南青山)とかのっかりカツ(フリッツ/赤坂)とか牛タンのコロッケット(みかわや/銀座)とかタブリエ・ド・サプール(ル・ビストロ/下山手通(兵庫))とかガッツリ肉といった雰囲気満載~まぁ厨房も肉体労働の極致だろーからぱくっとなの世界かもしらんが?ちなみにのっかりカツはカツ丼なんですけど卵でとじてないんですよ~そんでもってタブリエ・ド・サプールって何だ?とゆーと、牛の胃(ハチノス)のカツレツなんですね…リヨン料理だそーでソースはハーブマヨネーズ、タルタルソースも合うそーな~ちなみにちなみに名前は工兵の前掛けとゆー意味だとか(笑)

 アリス的にまかない…学生時代にバイト先で食べていたとかならありそーなのかなぁ?はて?えーと、作品的に関係ありそーなので行くと絶叫城他のパスタ系でくたくた野菜とあさりのスパゲティ(アロマクラシコ/品川)とかポヴェリエッロ(ピッツェリア・トラットリア・パルテノペ恵比寿店/恵比寿)とかパスタパエリア(リストランテ・ヒロ青山本店/表参道)とか麻婆茄子のパスタグラタン(イル・ギオットーネ/東山(京都))とかとか、46番目のカレーで豚肉とソーセージ、カレーバター風味(レストランキノシタ/代々木)とか和風いも尽くしカレー(中村孝明ARIAKE/有明)とかチキンカレー(ザ・タージ/赤坂)とか子羊のグラタンカレー風味(大西亭/福島(大阪))とかになるんでしょーかねぇ?私的にはポヴェリエッロが気になったというか、これならアリスでも簡単に出来そーとか(笑)カルボナーラに似ているんだけど、こちらはペコリーノチーズ(粉)と卵のみ…パスタ茹でて粉チーズとあえて上に目玉焼き(黄身は生)を乗せるだけ…食べる時に黄身を混ぜ混ぜするとゆーシンプルさ(笑)ナポリの家庭料理っぽいらしい…胃に優しいとゆーから修羅場明けでも大丈夫か?

 後はアリスがオオサカンとゆー事で残り野菜たっぷりのお好み焼き(マンジャ・ペッシェ/原宿)かなぁ?何とゆーかお好み焼きは大阪のソウルフードの気がして?ルッコラが入ったりしてイタリアンなんですけどね(笑)

 目次参照  目次-書籍

|

« いにしえの倫敦のみやこのろこもーしょん? | トップページ | 5分待つのか?6分待つのか(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手軽で安くてお腹いっぱい?:

« いにしえの倫敦のみやこのろこもーしょん? | トップページ | 5分待つのか?6分待つのか(笑) »