« ぐりーんふぃんがーのいるところ~ | トップページ | あ、つ、い? »

2010年11月13日 (土)

ていおぉ?

シュトラウス・ファミリー・コンサート  カラヤン  ポリドール

 やはり音楽はウィーンだよなぁとしみじみする時に宜しかな(笑)ウィーンって昔から大都市かと思っていたら人口がグンと増えたのって19世紀に入ってからなのか…意外や意外ですけど、ウィーンって国際色が豊かつー事である意味人種のるつぼだったのですねぇ…そしてこれまたウィーン的というか、それが音楽に繋がっているんですよ、奥さん(誰?)例えば、ポルカはボヘミアの、マズルカはポーランドの、チャールダーシュはハンガリーのとゆーよーに、それに加えて自国のウィンナ・ワルツがある訳ですから、向かうとこ敵(?)なしです(笑)ちなみにこれらをいっぺんに楽しもうとオペレッタがあるとか?うーん、オーストリアさすが過ぎる(笑)

 そーゆー土地柄というか、風土を一身に体現しているのがこのシュトラウス一家とゆー事になるんだろぉなぁ…聴けば知らずともああ、シュトラウスとトーシロでも納得でございます。しかも指揮がカラヤンですから…何かもースゴカーッの世界…ウィーンに浸りたいとゆーか、圧倒されたい時にどーでしょー(笑)

 アリス的にはうーん、シュトラウスとゆーとやはり女性陣になるのかなぁ?見かけ的には一番似合わなそーなのがこまちさんかなぁと思いつつ、自身中身は結構乙女思考で好みだったりしたらそれはそれで凄いかもなぁ(笑)

 収録曲

 ヨハン・シュトラウス
1.喜歌劇 こうもり 序曲
2.喜歌劇 ジプシー男爵 序曲
 ヨーゼフ・シュトラウス
3.円舞曲 天体の音楽 作品235
4.円舞曲 うわごと 作品212
 ヨハン・シュトラウス
5.円舞曲 酒・女・歌 作品333
6.加速度円舞曲 作品234
7.ポルカ 雷鳴と雷光 作品324
8.ポルカ 狩り 作品373
9.ポルカ 浮気心 作品319
 ヨハン・シュトラウス一世
10.ラデツキー行進曲 作品228

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 指揮 ヘルベルト・フォン・カラヤン

 目次参照  目次-クラシック

|

« ぐりーんふぃんがーのいるところ~ | トップページ | あ、つ、い? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ていおぉ?:

« ぐりーんふぃんがーのいるところ~ | トップページ | あ、つ、い? »