« 交通ネットワークって何だ(笑) | トップページ | とーきょーしてん? »

2010年12月14日 (火)

よていはみてい(笑)

ほぼ日手帳の秘密  ほぼ日刊イトイ新聞・山田浩子編著  幻冬社

 手帳というか、スケジュール帳というか、毎年悩むわりに毎年変わりばえしないパターンを踏襲しているんですが、うーん…よく考えなくても日本って1億人以上の人がいるんだから、その半分でもたいした数なんだなぁと?実際手帳市場ってどの位の規模なんだろ?本書のサブタイトルが10万人が使って、10万人がつくる手帳。なんですが、少なくとも一つの手帳でユーザーが10万人つくご時世なんですよね(笑)まぁこちらは手帳界のトップランナーとゆー事で規模の基準をここにおくのも極論すぎると思うんですが…それにしても需要はあると…

 手帳の概念でイトイ氏が手帳とは父親のポケットにあって何か書きつけているものみたいな話をしているんですが、手帳も時代を映すというかバブルの頃は分厚い手帳もってスケジュールいっぱい埋まっているのがステイタスだったというし…ついでに氏は手帳の使い方に正しいも間違いもないと言ってらっしゃるので、「たぶん、手帳があなたの地位をあげてくれるなんてことはないですよ。パソコンが出世させてくれるわけじゃないのと同じようにね。それはまず言ってしまっていいと思う」とゆーのはある意味正論だなぁと(笑)昨今の効率化とか、出来る人の手帳術とか、もーこれでもかとゆー煽りだらけなので(笑)

 とゆー訳である種、雑多さが許容されている手帳かなぁ?と受け取りました。「ぜんぶの材料がきれいにそろって保管されてる冷蔵庫とか、完成品の料理だけが並んでいるショウケースっていうのは、やっぱり豊かさに欠けると思いますよね」と…一見無駄にも価値があるとゆー事でしょーかねぇ?どっかでそんな科白聞いたよな(笑)

 アリス的には手帳?蝶々の時の准教授の手帳かなぁ?確か黒革だった記憶があるんだけど?アリスは職業柄締め切りとの戦いだから、スケジュール表は必須のはずだけど、手帳かカレンダーか、それともモバイルかは謎だなぁ?どっかに書いてありましたっけ?朝井さんなんかの手帳だと飲み会の予定がズラーっと並んでいたら壮観だなぁ(笑)姉御健在ってか(笑)女子大生の貴島さんとかの手帳はやはりカラフルなんだろかとか思いつつ、片桐さんの手帳は仕事仕事仕事で凄い事になってそーな気が(笑)ただこちらのユーザーの方(外食コンサルタント)みたいに「一日に四つも五つも打ち合わせが入ったりすると、実際はたいしたことしてなくても「すごく仕事してるんだ」って勘違いしちゃう」とかあって…片桐さんも葛藤しているのかなぁとか(笑)

 本書的に一番へぇーと思ったのはこちらの手帳のコンセプトというか、テーマでしょーか?「ONLY IS NOT LONELY(一人だけだってことは、孤独じゃない)」は言いえて妙だなぁと…皆様のご意見を反映している時点で最大公約数的なんだけど、でもちょっとズレてるそこら辺の匙加減というかポイントの見極め方がこの手帳の真髄なのかもなぁ?とかとか(笑)

 目次参照  目次

|

« 交通ネットワークって何だ(笑) | トップページ | とーきょーしてん? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よていはみてい(笑):

« 交通ネットワークって何だ(笑) | トップページ | とーきょーしてん? »