« じゃぱにーず・いんぐりっしゅ?じゃぱにっつぁー・どいっちゅ?じゃぽね・ふらんせ? | トップページ | こひつじぃ? »

2010年12月 5日 (日)

東京のおいしい?

続 東京五つ星の手みやげ  岸朝子  東京書籍

 何とゆーかコピーが熱いっ知る人ぞ知る最上の味を精選とか、必ず喜ばれる老舗・名店の定番カタログ2とか、オフィスに、家庭に、必備のもう一冊とか…どんだけやねん(笑)取り合えず第二弾だそーで前回が好評だったとゆーのもあったと思うんですが、今回は前回の反省というか要望に答えて都内全区が網羅されているらしいんですが…とゆー訳で、都内のお土産巡りとなる訳です~

 だいたい見開き二ページに一軒のお店紹介。紙幅の半分以上が写真で、そのお店の看板商品が一目で分かる構成。更にお店のデータも小さく纏められていて分かり易いかも?特に住所だけでなく最寄駅も併記してあるのは行く人には有り難いかもかも~

 個人的に気になったお店はスヰング(目黒区五本木)かなぁ?何とこちらのお店週に三日しか営業していないんですよ(金、土、日のみ)作りたいものをじっくり手間隙かけて作りたいからって言うは易し行うは難しで、マジ実行してらっさる方もいらっさるんですねぇ…ちなみにこちらで紹介されているのがモーツァルトという名のチョコレートケーキ。見た目は多分シンプルなだけに逆においしそうなんですよぉ~

 アリス的に東京みやげというとアリス自身は婆ちゃんに位になるのかなぁ?准教授にわさわざ買って帰る事は…受け狙いならあるか?准教授自身がアリスの修羅場先のホテルにカステラ片手に陣中見舞いしている位だから、英都の方に持っていく事はあるのかもなぁ?と思ってみたり…そっするとウルフ先生なんかもやってくるとか?東京となるとどちらかとゆーと片桐さんの独壇場な気がしないでもないけど?えーと四風荘の時は、確か神楽坂のお店の手土産を携えて准教授んとこに来たはずで、そっするとこちらの本では甘露あまなっととか華車(五十鈴)と、あんみつ・冷やししるこ・抹茶ババロア(紀の善)になるのかなぁ?どちらも和菓子でして本場京都に持っていくとなると片桐さん実は強気な方なのか(笑)後は神保町と言ったらコレとゆー大丸やき(大丸やき茶房)かなぁ?片桐さんも愛用していたりして(笑)

 さて、アリス的にとゆーと、異形のお饅頭から玉饅(玉英堂彦九郎/日本橋室町)と千石万頭(田月堂/文京区千石)と栗まんじゅう(亀屋/中野区新井)と黄玉満(虎月堂/中野区中央)と大栗まんじゅう(とらや椿山/阿佐ヶ谷南)とつるまん(四季菓鶴吉青柳/豊島区南長崎)とか、46番目のメロンという事でロイヤル・マスクメロンシャーベット(京橋千疋屋/京橋)とか、マレーのチョコからエスカルゴとカカオ72%のピエールマルコリーニ(ピエール・マルコリーニ/銀座)と、ヴィエッネズィ(BARI MINAMI AOYAMA/西麻布)と、ボンボン・ドゥ・ショコラ(ラ・メゾン・デュ・ショコラ/北青山)と、チョコレート(レダラッハ/南青山)とか、鍵でクッキーのガトー・レザン(プランタン/駒込)とかとか~

 とにかくこれでもほんの一部、他にもたくさんのお店(おみやげ?)が掲載されているので詳細は本書へドゾ~

 目次参照  目次-書籍

|

« じゃぱにーず・いんぐりっしゅ?じゃぱにっつぁー・どいっちゅ?じゃぽね・ふらんせ? | トップページ | こひつじぃ? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

スイーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京のおいしい?:

« じゃぱにーず・いんぐりっしゅ?じゃぱにっつぁー・どいっちゅ?じゃぽね・ふらんせ? | トップページ | こひつじぃ? »