« 外なる中心? | トップページ | 笑う門には福来る~ »

2011年1月 3日 (月)

ろまんだよねぇ~

ニューイヤーコンサート2003  アーノンクール  

 新年なのでめでたい曲をとゆーと、やはりウィーンのニューイヤーコンサートはいいわねぇの世界か?私的に何とゆーか新年とゆーと思い浮かぶのはヴィヴァルディの春の第一楽章とか(笑)シュトラウスの美しき青きドナウだったりするんですよね(笑)やっぱり明るい曲でいきたいじゃないですか~

 そんなこんなで思う存分にシュトラウス祭りなのはこれじゃね、と~当時のウィーンっこ達にとってはワルツやポルカの心地よいリズムと、ステップを踏む楽しさだったそーで、踊る事前提なんですね~さすが会議は踊るの本場だ(笑)とにかく軽く、そして美しいの世界かなぁ~

 アリス的にはこーゆーのはモロに女性陣向きかもなぁと?好奇心旺盛というか、物見高いアリスだからもしかして会場に一回行った事あるでと言われても納得しそーですが(笑)ちょっち前までは和服の女性チラホラいたし(笑)となると朝井さんか?行ってきたでーと凱旋なされたらそれはそれでまた凄いけど(笑)

 収録曲

 CD1
 ヨハン・シュトラウスⅡ世
1.行進曲(フランツ・ヨーゼフⅠ世万歳) 作品126
2.宝のワルツ 作品418
3.ニコ・ポルカ 作品228
4.冗談ポルカ 作品72
 ヨーゼフ・シュトラウス
5.ワルツ(うわごと) 作品212
6.ポルカ(ごちゃまぜ) 作品161
 カール・マリア・フォン・ウェーバー
7.舞踏への勧誘 作品65
 ヨハン・シュトラウスⅡ世
8.ポルカ(二度のポルカ) 作品258
9.ヘレーネ・ポルカ 作品203

 CD2
 ヨハン・シュトラウスⅡ世
1.皇帝円舞曲 作品437
2.ポルカ(田園のポルカ) 作品276
3.ポルカ・マズルカ(女性賛美) 作品315
 ヨハン・シュトラウスⅠ世
4.中国人のギャロップ 作品20
 ヨハネス・ブラームス
5.ハンガリー舞曲 第五番 ト短調
6.ハンガリー舞曲 第六番 変ロ長調
 ヨハン・シュトラウスⅡ世
7.ワルツ(戴冠式の歌) 作品184
8.ポルカ(浮気心) 作品319
9.ポルカ(狂乱のポルカ) 作品260
10.新年の挨拶
11.ワルツ(美しき青きドナウ) 作品314
 ヨハン・シュトラウスⅠ世
12.ラデツキー行進曲 作品228

 ウィーン・フィル・ハーモニー管弦楽団
 指揮 ニコラウス・アーノンクール

 目次参照  目次-クラシック

|

« 外なる中心? | トップページ | 笑う門には福来る~ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ろまんだよねぇ~:

« 外なる中心? | トップページ | 笑う門には福来る~ »