« ノーブレス・オブリージュとコンコルディアと | トップページ | 何を見るのか?遊び心で考えた(笑) »

2011年1月30日 (日)

銀幕の向こう…

シネマ・クラシック vol.4 ヨーロッパ篇  ポリドール

 映画音楽というと作品オリジナルが流行りなのかなぁと思いつつ、そーいやクラシックはよく使われていたよなぁと…さて、イタリア映画…最近はどーなのだろぉと思いつつ、鉄道員とかどーも暗めのイメージ勝手に抱いていて(後は底抜けに明るいとか?)軽く観てはいけない気にさせられるとゆーか…いえ、体調管理してから観ないと後から頭か身体にくるんですよ、軟弱なもので(泣)甘い生活なんて映画館で真っ白になった覚えが…消化不良とゆー奴だろぉと思います(笑)

 さて、アリス的にはイタリア映画観ているかはともかく、一応、これの選択はバッハとドビュッシーでしょーか?バッハは准教授の好みとゆー事でいつものアレなんですが、今回のこの曲はオルガン演奏でこれが重低音を期待していたら、物凄く高い音でおろろきました…まるで電子音楽のよー(笑)でもってドビュッシーの方は月の光だから(笑)月ときたら反応しない訳にはいかないでしょー(笑)そーゆー意味ではワーグナーの夕星の歌も入れないといけないのかなぁ?ええ、准教授は天体少年でしたし…ちなみにこちらバリトンの方が歌っているし~

 収録曲

1.ベニスに死す マーラー・交響曲第五番 第四楽章
2.ルードウィヒ/神々の黄昏 ワーグナー・歌劇タンホイザー 夕星の歌
3.イノセント リスト・巡礼の年第3年 第4曲 エステ荘の噴水
4.ノスタルジア ヴェルディ・レクイエム 第1曲 入祭唱 キリエ
5.1900年 ヴェルディ・歌劇トロヴァトーレ 恋はばら色の翼にのって
6.カオス・シチリア物語 モーツァルト・歌劇フィガロの結婚 失くしてしまったの
7.木靴の樹 J.S.バッハ・フーガBWV578(小フーガ)
8.愛の嵐 モーツァルト・歌劇魔笛 恋を知るほどの殿方は
9.そして船は行く ドビュッシー・ベルガマスク組曲 第3曲 月の光
10.ボイス・オブ・ムーン J.シュトラウスⅡ世・美しき青きドナウ
11.家族の肖像 モーツァルト・協奏交響曲K.364 第2楽章

 ズービン・メータ指揮 1.
 ロスアンジェルス・フィルハーモニー 1.
 ヴィクター・ブラウン(バリトン) 2.
 サー・ゲオルグ・ショルティ指揮 2.4.6.8.
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 2.4.8.
 ホルヘ・ポレット(ピアノ) 3.
 ジョーン・サザーランド(ソプラノ) 4.5.
 マリリン・ホーン(メッゾ・ソプラノ) 4.
 ルチアーノ・パヴァロッティ(テノール) 4.
 マルッティ・タルヴェラ(バス) 4.
 ウィーン国立歌劇場合唱団 4.
 リチャード・ボニング指揮 5.
 ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団 5.
 イヴォンヌ・ケニー(ソプラノ) 6.
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 6.10.
 ピーター・ハーフォード 7.
 ピラール・ローレンガー(ソプラノ) 8.
 ヘルマン・フライ(バリトン) 8.
 パスカル・ロジェ(ピアノ) 9.
 アンタル・ドラティ指揮 10.
 アイオナ・ブラウン(ヴァイオリン、指揮) 11.
 アカデミー室内管弦楽団 11.

 目次参照  目次-クラシック

|

« ノーブレス・オブリージュとコンコルディアと | トップページ | 何を見るのか?遊び心で考えた(笑) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀幕の向こう…:

« ノーブレス・オブリージュとコンコルディアと | トップページ | 何を見るのか?遊び心で考えた(笑) »