« 勝負の半分以上はグランドに立つまでに決まる… | トップページ | 旅は宿から(笑) »

2011年3月17日 (木)

げるまんだましい?

モノが語るドイツ精神  浜本隆志  新潮社

 うーん、タイトルが全てを語っているよーな?物づくり日本と言われて久しいですけど、元祖マイスターって言ったらやはりここはドイツっしょ(笑)本書は、ドイツのモノとゆーか、有形無形にあるものをメインにしてドイツとはと語っている感じかなぁ?例えばサッカーのドイツ的なチームワークだ的戦い方のルーツは騎乗槍試合にあるんじゃね?とゆーとこから本書は始まります。ユニフォームについてるワッペンだって元は紋章だし、指輪といえばニーベルングの指輪だろーし、マイセン磁器の制作やアウグスト強王のコレクション(日本宮殿)、ちなみに有田焼き(古伊万里)がヨーロッパにいったのって中国で明から清へと大政変で陶磁器ないやんけに日本にあったーとゆー東インド会社(蘭)の商売商売だったらしい(笑)まぁもっと凄い話はプロイセンのフリードリヒ一世のシャルロッテンブルク宮殿にあった中国陶磁器のコレクションが欲しかったアウグスト強王は、自国の竜騎兵600人と陶磁器127点と取り替えったと…、ちなみにこれでプロイセン軍事大国の道を進むそーな…

 さて、ルターの宗教改革は贖宥状への疑問から端を発しているけれど、では何ゆえに贖宥状(免罪符)といえば、カトリック(バチカン)側から見るとよーするにヨーロッパ銀行資本とバチカンの密月関係に行き着くよな…ローマ教皇レオ十世はメディチ家出身、贖宥状の販売元はマインツ大司教のアルブレヒトでこちらはフッガー家から多額の借金をしていた…そして贖宥状は売られると…精神的腐敗とか、聖書に戻れとかゆー前にこの金権体制なんとかしろよが根底にあったらしい…はぁ、金に絡む話は昔も今も変わりなしっすか(笑)「金銭は悪魔の言葉である。神が真の言葉により世界の万物を創造するように、悪魔はこの言葉により世界の万物を創造する」(ルター/「ルターのテーフルトーク」)と弾劾する訳で、この後ドイツはプロテスタントと資本主義とゆーヴェーバーが指摘した道を進んだ訳ですが、これが米に行くと利益追求の資本主義に行き着きピューリタン的には矛盾してね?になるそーな…まっそんな事ないよと開き直る為にプラグマティズムが生まれたとか…

 アリス的にドイツ、モノとゆーと、准教授の愛車のおんぼろベンツかなぁ(笑)ちなみにモットーは耐久性、安全性、高速性だそな…うん、准教授が耐久性は御自らテストしているよーな(笑)後は、貞操帯のとこでしょかね…一説によると十字軍遠征の単身赴任が発端みたいな話になっているけれど実は中世にはまだ貞操帯存在してないそーで、どーも発明されたのはルネサンス時代のフィレンツェ地方だそな…ちなみにイタリアでの名前はヴィーナスの帯…実にイタリア的です(笑)取り合えずどこでも一部セレブ御用達らしいが…キリスト教的禁欲主義もあるけど、異民族に対する確執からの防御の意味もあったらしい…治安って…そして妻とは「侵すべからざる夫の所有物」だった一面も…まぁ何が凄いって貞操帯ってWW1まで作られていたそーで、「ウィーン性科学研究所編の資料では、1903年に婚姻の不貞を防止する女性用の施錠式防護帯という回りくどい名称で、特許が取得されている」とか、オーストリアお前もか(笑)ちなみにちなみにサンマルコ聖堂(ヴェネツィア)、クリュニー美術館(仏)、フェルバート鍵と錠の博物館(独)、タッソー博物館(英)に保存されてるそなそな…

 後は碁石ファッションでチェスのとこでしょーか?ちなみにチェスの白と黒は生と死を象徴しているそな…更に准教授絡みとゆーと煙草つながりで嗅ぎタバコのとこかなぁ?ちなみに嗅ぎタバコの嗅ぎ方とゆーマナーは宮廷人としては最低身につけておかないといけなかったらしい…嗅ぎタバコ入れのコレクションは流行ったらしいし、マリーアントワネットの嫁入り道具に52個の嗅ぎタバコ入れがあったとか(笑)嗜好品つながりではコーヒーですか?ドイツで一番飲まれているのはビールではなくてコーヒーだそー、バッハはライプツィヒ時代にカフェハウスで演奏しているし、かのコーヒーカンタータも作曲してるとか、フリードリヒ大王はコーヒー法を制定したとか(輸入品だったので外貨流出が惜しかったらしい…)、代用コーヒーのチコリコーヒーを発明したり、WW1ではコーヒー輸入がストップして戦意喪失したとか、たかがコーヒー、されどコーヒー…

 一方ビールの方は夏場の保存がネックだったけど、地下の保存室の上に栃の木を植えて保存が可能になったとか、何故なら栃の木って地下水吸って、木の葉が日陰を作るし、葉は水分を蒸発させるから…栃の木があったらビール蔵があるとゆー事なのか(笑)ついでに201号室ではないけどソーセージって庶民の食べ物だったんですねぇ…ハム、ベーコンは高級品だったそな…後は46番目ではないですけどくまのぬいぐるみ、こちらではシュタイフ社のテディ・ベアですか(笑)

 目次参照  目次

|

« 勝負の半分以上はグランドに立つまでに決まる… | トップページ | 旅は宿から(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

国外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: げるまんだましい?:

« 勝負の半分以上はグランドに立つまでに決まる… | トップページ | 旅は宿から(笑) »