« 日本には温泉がある(笑) | トップページ | 勝負の半分以上はグランドに立つまでに決まる… »

2011年3月14日 (月)

高速鉄道という東と西?

図解TGVvs新幹線  佐藤芳彦  講談社

 図解とあるよーに図が多いよーな気がする~ある種工学系の本だと思うけど、ちゃんとパンピー向きです(笑)タイトルにVSとあるけど?戦いというよりは比較検討している感じかなぁ?同じ高速鉄道なんだから、ど?みたいな(笑)例えば座席数にしても、TGVが750席に対して新幹線は1500席だそーで、ニーズの違いとはいえ、新幹線(この場合東海道?)は輸送力をまず考慮して成り立っているのだなぁと(笑)かくして、国際規格として飛行機や自動車と違って成立しにくいとか…いずこの鉄道も皆それぞれにの世界らしい(笑)

 初っ端は実際に乗車する動線を描いてみたんだと思うけど、駅に行って乗ってみるみたいな話で、TGVと新幹線では大分違う事が物凄くよく分かる(笑)ちなみに欧州では、号車番号がそのままとゆーのではないらしい…ええ、例えば11号車なら11番目にあるとは限らないとゆー…そんなのアリですか?と日本人なら思うけど?直前までどのホームに入線するかも分からないも都市伝説ではなかったのか(笑)

 エピソード的にヘェーと思わされたのは日本人留学生がスパイと疑われて、和解したのが40年後とか…EU規格化とか、フランスが鉄道に関して主導権を取ろうとしている気まんまんな気がするのは気のせい(笑)世界市場的には「ドイツのICEはスペインと中国に輸出されたが、そのほかの実績はない」で、「TGVそのものが輸出されたのはスペインと韓国のみであり、米国は米国基準に合わせてポンバル社と共同でボギー車を開発しているので、TGVではない」でで、「中国は車体幅3.2mの電車を要求されたため、旧フィアット社が開発したペンドリーノをベースとした電車を納入している」だそー…確か中国には東日本が納入していたよーな記憶が?アレ?…車両については仏独の車両メーカーが共同開発する予定があったけどご破算になったそな…ユーロの道って…

 アリス的に新幹線、海奈良ですか(笑)TGVに関しては、どーだろ?海外出張が多そうな准教授は仕事て乗ってそーか?ユーロスターもこれも一つのTGVとゆーなら確実にありそーだど?アリスの方はアリスが鉄オタだから、欧州に行ったらば絶対乗車してそーだけどなぁ?そのうちフランス高速鉄道の謎とか出ないだろーか(笑)

 ところでTGVの中のバーにはハムサンドに売っているみたい…コーヒーもあるとな?お値段的には日本とさほど変わらないみたいなので…准教授良かったってか(笑)後は時刻表がベストセラーの国なので切符を買うのに窓口に並ぶとその差が出るみたいな?客もよく分かっているとゆー事か(笑)本書によると対応時間が新幹線とTGVでは10倍位違うそな?

 さて、本書で一番気になったとこは、機体のとこかなぁ?「新幹線電車の先頭形状が複雑になった結果、金属板を手作業でたたき出して曲面をつくる伝統的な工芸(たたき出し工法)では対応が難しくなってきた。また、職人がいなくなったことも背景にあり、E4系、E2系1000番台、N700系等では航空機で使われているカーボンファイバー布による積層成形、アルミニウム原板から数値制御工作機械で削り出す工法が採用されるようになった」とあったりして…うーむ、新幹線も職人さん減っていっているのね…物造り日本はどこへ行ったんでしょー…

 目次参照  目次-鉄道

|

« 日本には温泉がある(笑) | トップページ | 勝負の半分以上はグランドに立つまでに決まる… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高速鉄道という東と西?:

« 日本には温泉がある(笑) | トップページ | 勝負の半分以上はグランドに立つまでに決まる… »