« イタリアという国は誇らないが、イタリア人であることを誇る。 | トップページ | とんでとんでとんでとんで? »

2011年3月 2日 (水)

春の弥生のこの佳き日~

雛まつり  福田東久  近代映画社

 何の本って雛まつりの本なんですが、著者が人形師だけあって雛人形がメインかなぁ?サブタイトルは親から子に伝える思いとあるのですけど、結局は子供の健やかな成長を祝うとゆーこどもの日(端午の節句)に通じるものが(笑)元はケガレを祓う為のものが年月と共にこーなっちゃいました、と(笑)

 それにしてもお雛様って飾る時に男雛と女雛の並べ方どっち?の世界なんだけど、一応向かって右が男雛、向かって左が女雛なんですね。この並びは陰陽道からきてるそーなんですが、でも現在の皇族は逆の並び(ヨーロッパ式?)になったそな…なので現在はどっちでもいーんだって(笑)

 雛まつりを桃の節句、上巳の節句というけど三月三日が桃の節句となったのは古事記や日本書紀の昔からとゆー事だとか…うん、イザナギが黄泉から逃げてきた時に投げたものも桃の実だし、桃の霊力は中国もあるし、で後に桃酒が白酒になったとな…

 アリス的な雛まつり…これは婆ちゃんを筆頭に女性陣の出番だろぉなぁ?北白川には古い雛人形がありそーだけど?どだろ?えーと、猫の名前もモモとつける位だから、婆ちゃん的に桃の節句はオッケーとみたが(笑)朝井さんなんかは、雛まつりを口実にアリスを強制的に飲み会に誘うとかありそー(笑)女の子のお祝いの日なんだから、ガァーっと飲もうとか(笑)

 さて、雛まつりの雛菓子には有平糖があるのですが、こちらが庶民に出回るよーになったのは昭和40年代以降だそな…宮中では寛永年間に納められた記録があるとか…それにしてもこの頃から虎屋黒川(虎屋近江)あったんですねぇ…ついでに饅頭、羊羹は勿論、カステラ、かるめら、金平糖もあったんですよ…そして現在差し入れにカステラ下げて行く事になる訳ですね、分かります(笑)

 雛菓子といえば菱餅ですけど、京都的にはひきちぎりが代表なんだとか…ちなみに東京だと蛤の澄まし汁だけど京都では蜆の澄まし汁が定番だそーで、お膳については特に決まりごとはないとはいえ、飯蛸、小鯛、若鮎、姫サザエ、とこぶしなんかが供されるみたいです。ついでに今はちらし寿司がこれまた定番だけど本来は赤飯だそな…

|

« イタリアという国は誇らないが、イタリア人であることを誇る。 | トップページ | とんでとんでとんでとんで? »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の弥生のこの佳き日~:

« イタリアという国は誇らないが、イタリア人であることを誇る。 | トップページ | とんでとんでとんでとんで? »