« 古き良き、古き良き? | トップページ | 女性のいない宮廷など、花が咲かない庭のようだ? »

2011年4月29日 (金)

ハープシコードがやってきた(笑)

イ・ムジチ・プレイズ・バッハ  イ・ムジチ  フィリップス

 イ・ムジチというとヴィヴァルディというイメージが強いんですけど、イ・ムジチのバッハは解説にあるよーに「艶やかな色彩を尽くした豊麗な響きで、ドイツ系の演奏者の場合とはまた一味違う明るく喜ばしいイ・ムジチのバッハ」だそーで、確かに軽やかではあるよなぁとゆー気にさせてくれるかな?トーシロには違いがくっきりきっぱりこれやねんとは不明なんですけど、言われてみればそーかなぁとゆー…いかん、主体性のない日本人になってきた(笑)

 ブランデンブルクは結構いろんなとこで聴くけれど、これって6曲もあるやんけの世界で、いずれの曲も皆それぞれに違うよなぁ?ちなみにこれブランデンブルク公に献上した訳だけど、公のオーケストラでは一度も演奏された事がなかったと(笑)まー世の中そんなもんでしょか…

 アリス的には准教授がバッハ好きなとこからきているんですけど、このバッハはむしろアリスの方が向いているかもなぁ?

 収録曲

 ブランデンブルク協奏曲
1.協奏曲 第二番 ヘ長調 BWV.1047
2.協奏曲 第三番 ト長調 BWV.1048
3.協奏曲 第四番 ト長調 BWV.1049
4.協奏曲 第五番 ニ長調 BWV.1050
5.二つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043

 イ・ムジチ合奏団
 アントニオ・ペレス=ルイス&イターロ・コランドレア ヴァイオリン
 ハインツ・ホリガー オーボエ
 ギー・トゥーヴロン トランペット
 マイケル・コプレ リコーダー
 イヴリン・ナレン リコーダー
 セヴェリーノ・ガッゼローニ フルート
 フェデリコ・アゴスティーニ ヴァイオリン
 アントニオ・ペレス ヴァイオリン

 目次参照  目次 音楽

|

« 古き良き、古き良き? | トップページ | 女性のいない宮廷など、花が咲かない庭のようだ? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハープシコードがやってきた(笑):

« 古き良き、古き良き? | トップページ | 女性のいない宮廷など、花が咲かない庭のようだ? »