« 我思う、故にエンジンあり? | トップページ | 米国人と中国人? »

2011年4月 4日 (月)

公園と庭園の違いって?

とっておきの英国庭園  桐原春子  千草書房

 とっておきとあると何とゆーか、秘密の花園のイメージがなくもないが(笑)本書にはイギリスのというよりイングランドの34の庭園が掲載されています。判型はA5と写真集としては小さめなんですけど、著者の短めのエッセイにはーへーほーとなりつつ、その倍はあろーという写真が秀逸です、うん、まさに英国庭園そのものですね、どこを写しても美しい…絵になる風景がこんなにあるとゆーだけで大英帝国の底力を見る思いが…しかも、たいてい庭ってプライベートスペースで一般に知られる事は少なしのイメージがこれまたあるんだけど、イギリスの庭はナショナルトラストが保存している庭や公共の所有やら、ホテルに付随しているのから、こー庭の持ち主でなくても見れる機会があるのが凄いなぁ…ついでに言うなら個人所有の庭でも年に何回かは開放しているとこ多しだし…こーゆー公共性はイギリスならではかも?

 まぁイギリスにはRHSがあるから、そこが所有する総本山的お庭がウィズリー・ガーデン…園芸家にとっては聖地なんだとか…大きさも日比谷公園六っつ分、温室だって900坪、どんだけぇーの世界か?これを見ずして英国の庭は語れまい(笑)そのRHSが主催する欧州最大のフラワーショーが開催されるのがパンプトン・コート・パレスだそーで、元ヘンリー八世の宮殿だったとこだそな…60エーカーの敷地にはチューダー、バロック、ヴィクトリア様式入り混じり凄い事になっているらしい…ロンドン郊外にあるみたいだからこれは旅行者にも行きやすいとゆー事か?

 他に代表的お庭とゆーと風景式庭園の元祖(?)的なローシャム・ハウス&ガーデンかなぁ?造園家のウィリアム・ケントが設計した庭と言った方が分かりがいいかも?他にも英国一美しいと言われるシシングハースト・カースル・ガーデンとか、忘れていけない王立キュー植物園とか、世界遺産だし、イギリスの植物に対する本気度が如実に表れている気がするのは気のせいか(笑)

 アリス的に英国庭園と言えば、かの英国庭園の謎に尽きる訳でして、あれはあれでミステリ的には成立する長さなんだろぉけど、できれば短編ではなくて長編でいって欲しかった…ついでに本場イギリスを舞台にして欲しかった…ついでについでにオックスフォード近辺だったら、アリス的にも二重においしかった気がするんだが(笑)

 まぁそんな個人的妄想はともかく、アリス的に庭となると婆ちゃんの出番かなぁ?ただし北白川の庭は日本庭園だと思うけど(笑)で思うのはこの手の庭園ってやはり女性陣の方が食いつきはいいと思うんだけど?どーだろぉ?貴島さんとか若い世代だと庭園よりも遊園地という刺激が強い方に行く可能性もあるけれど、女30才一人旅となったらこっちじゃね?とふと思ってしまったり…まぁ今だとこまちさんもあるんだろぉけど、やはりヴェロニカさんとか、朝井さんが選ぶ(似合う)庭になってしまうなぁ(笑)

 てな訳で女性なら言葉の響きだけでも素通り出来ないだろーローズガーデンとか(笑)で、モティスフォント・アビーでオールド・ローズを見、マニントン・ガーデンズでバラコレクションを堪能するとか、ハドン・ホールでテラス式庭園のバラを見るとか(笑)ウルフ先生なら歴史的な史跡でハットフィールド・ハウスとかストラトフォード・アポン・エイヴォンとか薦めそーかなぁ?

 えーと、個人的に一番へぇーと思ったのはノーフォーク・ラヴェンダーかなぁ?日本人的には富良野を思い出しますが、こちら英国王室御用達のラヴェンダー・オイルを作っていらっさるとか…農園なんだろぉけど景色が違うっ(笑)でもって、これまた個人的に行って現物を間近に見てみたいと思ったのがレヴェンズ・ホール…何とこちら300年も続くトピアリーのお庭なんですよっ造形美半端ないです…

 本書に掲載されている庭園は、ヒドコート・マナー・ガーデン、スードリー・カースル&ガーデンズ、バーンズリー・ハウス、クランボーン・マナー・ガーデン、ハドスペン・ガーデン、マパートン・ガーデンズ、ヘスタークーム・ガーデンズ、ヘリガン、ウィズリー・ガーデン、王立キュー植物園、モティスフォント・アビー、ザ・マナー・ハウス、シシングハースト・カースル・ガーデン、グレイト・ディクスター、ハットフィールド・ハウス、ハンプトン・コート・パレス、ブレナム・パレス、ブロートン・カースル、ローシャム・ハウス&ガーデンズ、チェニーズ・マナー、ケルムコット・マナー、ストラトフォード・アポン・エイヴォン、マニントン・ガーデンズ、ハドン・ホール、チャッツワース、ノーフォーク・ラヴェンダー、ヘルミンガム・ホール、ベス・チャトー・カーデンズ、ボストン夫人のマナー・ハウス、アングルシー・アビー、ヒル・トップ、レヴェンズ・ホール、ホルカー・ホールですが、詳細は本書読めというより、見よですかね(笑)美しスの世界満載です~

 目次参照  目次-庭園

|

« 我思う、故にエンジンあり? | トップページ | 米国人と中国人? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

庭園・建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公園と庭園の違いって?:

« 我思う、故にエンジンあり? | トップページ | 米国人と中国人? »