« きてきがはじめてなったところ? | トップページ | スポーツマン=競馬愛好家? »

2011年5月21日 (土)

西経134-155度、南緯8-28度…

FAKARAVA タヒチ夢環礁  舘石昭  水中造形センター

 何の本かとゆーと写真集なんだと思います。何がってタヒチの海…うーん、この海は写真通りなら物凄い青と透明度なんではなかろーか?下から魚(サメ)を撮った構図の写真は、もー何とゆーか魚が空を飛んでいるみたいに錯角できます…非常にシュール(笑)しはらくしてからこれが海中の写真なんだと頭がついていく感じ(笑)それにしても世の中、こんなとこがあるんだなぁ…とにかく、海好き、南の島好きの方からしたら納得の写真集間違いなし…どこもかしこも絵葉書になりそーな風景なんですよ~

 ちなみにタヒチと言われても咄嗟にゴーギャン位しか浮かばないアホ頭なんですけど、タヒチって日本からすると南東方向に8800kmにあるんですねぇ…南太平洋の楽園は今なら日本から直行便も週に3便あるそーな…メジャーだったんだなぁ…更に一口にタヒチといってもソシエテ、ツアモツ、マルケサス、オーストラル、ガンビエの5つの諸島から成り立っているとか?うーん、マルケサス諸島位しか耳にした事がないよな…どこも小さい島々で構成されているみたいなんだが、本書的には出来れば一つ位島の空撮写真が欲しかった…この島の並びは凄いと思うんだ(笑)

 更にこれらの島々はところによってはユネスコの自然保護区になっているそな…その内、世界遺産になるのだろぉか?それとももーなっているのか?

 アリス的にタヒチ…あんまり関係ないか?まっ、この島がいっぱいあるぅーっとゆーのはアリス的にクローズドサークル物にはもってこいではなかろーか?無人島もあるみたいだし(笑)また二人で柄の悪いグラサン姿で見て回るのもいいと思うんだ(笑)マレーみたいに(笑)

 まぁ冗談はともかく関空からも直行便出ているみたいで大阪からも足に困る事はないと思うんだけど?でもこーゆー楽園は女の子が行った方が絵になるか(笑)とゆー訳で貴島さんとか…うん、火村ゼミの合宿でどーでしょー、准教授っ…

 えーと、本書には時々短いエッセイもどきが挟まれているのですが、その中の一文に「かつてコブラをつくる人々は、集落を離れた無人島で数ヶ月を過ごす。病気やケガ人が出ると、村から迎えの船がやってきたという。電話はおろか伝書鳩もいないのに、どうやって遠く離れた島からSOSを伝えることができたのだろうか。驚いたことに、それは、ただ村にいる仲間の頭に浮かぶのだという」ってエスパーですか(笑)それが通用する世界なのだなぁと…蛇足ですけどコブラというのはヘビではなくてやしの実の胚乳を乾燥させた脂肪質のものの事だそー、これから石鹸とか油を精製するみたい…

 目次参照  目次 国外

|

« きてきがはじめてなったところ? | トップページ | スポーツマン=競馬愛好家? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

国外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西経134-155度、南緯8-28度…:

« きてきがはじめてなったところ? | トップページ | スポーツマン=競馬愛好家? »