« それで今どの位あるのだろ? | トップページ | 明日は明日の風が吹く? »

2011年6月 5日 (日)

ノーマルとは何ぞや(笑)

オシム 勝つ日本  田村修一  文芸春秋

 今となっては数多あるオシム本なのですが、本書はオシムへのロングインタビューなとこが他の本とは違うとこかなぁ?ついでに言えば著者の後書き(エピローグ)にあるよーに、今までのオシム本ではオシム語録と言ってもオシムの会話の中の一文の抽出でしかないし、またオシム個人の本となるとそのドラマチックな半生でそちらは歴史も多分に加味しているのが多いのですが、こちらはスポーツオンリー、サッカーオンリー、話としてはオシムが選手生活に終止符を打って仏から自国に帰ってセレスニチャールの監督を引き受けたところから日本代表監督としての仕事までとこれからの代表(日本)のあり方(行く末)が章ごとのテーマに沿って展開されている感じかなぁ?

 口語体なので文章が平易なとこも分かり易いのではないかなぁと?とかくオシム語録というと難解のイメージがありますけど、こー一冊の本にまとめられた量を読破すると至極まっとうなお話を淡々となされている事が分かるよな…オシム的なキャリアでどちらかとゆーと弱小チームを常勝チームに持っていくのは傍から見たら奇跡みたいな話なんだけど、オシム的には目標に向かって一つ一つ石を積み上げていっているに他ならないんですねぇ…まぁ平坦な道ではないのでその揺るがない信念が凄いとゆーか、更に博打を打つ時は打てるとゆーか、勝機を見る目というのはこれはやはり監督の持つ運と器だと思うけど(笑)時に勝つ為にはリスクをおかさなければならないし…それは一人一人の選手が見極めければならないとな…ある意味サッカーは個人の目利きがものを言うスポーツだよなぁ…

 アリス的にサッカーは本当に関係ないんだけど、オシム語録は言葉が商売のアリスにして無視できるものではないのではなかろーかとまぁ勝手に思っているんですけど?オシムの比喩の言い回しはむしろアリス好みだと思うんだよね(笑)時にダブルミーイングだし(笑)ある種オシムの科白は落語的だよなぁと、ただ残念な事に当時の日本のマスメディアはオチまで指摘されても意味不明という情けなさでしたけど(笑)

 えーと、本書は去年の春に出版されていまして、丁度南アW杯直前なんですね、ですからそれに対しての提言もあるんですが、他国はその通りになり日本は真逆をいった感ですかねぇ?直前までに「日本を恐れるようにしむけるべきだ」とありますけど、実際はW杯前に勝ち星なし見事になめられて始まりましたから(笑)逆にノーマークだったからこそ功を奏したのかもしれないし、勝負事は本当一寸先は闇だよね(笑)

 W杯だけでなく、日本代表だけでなく、世界的なトップチームだけでなく、世界の趨勢だけでなく、更にマネーマーケットとしてだけでなく、サッカーってものの光と闇が見事に浮き彫りになっている感じかなぁ?サッカー好きは既に読破していると思うので、出来ればサッカーにあまり感心のない方に一読をお薦めします。欲と希望が渾然一体となったカオス感が分かっていただけるかも?

 最後にこれを言うとアレなんだけど、プロローグとエピローグは著者の文なのですが、これは個人的には必要なかった気がするなぁ(笑)まぁ著者的に一言いいたくなるのはよく分かるけど…ただ、その著者の序文の最初の一文が「死んだ子の、歳を数える」とあって、これは言いえて妙だなぁと酷く納得してしまったりして(笑)たらればは永遠に夢だよねぇ…デカルトの人形のよーな儚さかなぁ…

 目次参照  目次 スポーツ

|

« それで今どの位あるのだろ? | トップページ | 明日は明日の風が吹く? »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーマルとは何ぞや(笑):

« それで今どの位あるのだろ? | トップページ | 明日は明日の風が吹く? »