« 未来というより今だよなぁ(笑) | トップページ | もしももしももしも? »

2011年7月 6日 (水)

せったいせったい?

大人のもてなし珠玉の名店  大崎裕 小川フミオ 河田剛 小関敦之 鈴木美和、ヒロキエ 森脇慶子  東京書籍

 東京でおもてなし…相手によるがなとか、仕事とプライベートじゃ違うとか、まぁいろいろあらーなと思いますが、こちらの本はカテゴリーが、同年代、目上、お昼、サプライズとあるので目安にはなるのではないかと?持ち運びが便利なよーにだと思うんですけど新書サイズ、写真多めとなると字のポイントが小さくなるのは必然か?まぁある意味アンビシャスな本なのでターゲットはお若い方々だろうなぁなので、読みやすさは気にしなくていいのかも?なのかなぁ?夜暗目のとこでは厳しい気が(笑)

 そんな訳(?)で見てみるとフレンチイタリアン系は同年輩の方に多くて、懐石とか割烹が目上の方の方に多いよな?年齢とると和食なのが全国的ルールなのか…そんなこんなで個人的にはおでかけ食うぞモードなら肉だろ肉とつい昭和一桁な発想(?)にいってしまって、LAWRY'S THE PRIME RIB,TOKYO(溜池山王)のプライムリブとか、さんだ(赤坂見附)のホルモン焼きとか、築地鉄板焼Kurosawa(築地)の岩手短角牛とか、よろにく(表参道)の日山牛とか、RUTH'S CHRIS STEAK HOUSE(虎ノ門)のステーキとか、人形町今半本店(人形町)のすき焼きとかに目がいってしまうんですけど(笑)時代は草食系なのに…

 アリス的にはダリのフレンチとか絶叫城のイタリアンとかにいかないといけないんだろーけど、ここはちょっとずれて、推理合戦で焼き鳥となれば酉玉(広尾)とか鳥しき(目黒)とかで一杯とか朝井さんだけでなく片桐さんもご一緒にとか、スウェーデン館でスウェーデン料理ということでAQUAVIT(外苑前)モダン・スカジナビアンはどーだろぉ?でもこちらの本店はNYらしいが…猿の左手で朝井さんと飲もう第二弾でポルトガル料理だManuel Casa de Fadoなんてどーだろ?勿論BGMはファドです(笑)後追加するなら片桐さんのお膝元に近い神楽坂で山さき(飯田橋)なんてどかなぁ?割烹なので和食ですが、何よりこのお店一日四組限定とゆー小さなお店だそーなので隠れ家的にも宜しではないかと(笑)

 でもまぁ個人的に一押しはNINJA AKASAKA(赤坂見附)かもなぁ(笑)創作料理なんだそーだけどこちらはまぁ食のエンターティメントの方に注目だよねぇ…お店の名前でバレバレですけど忍者がコンセプトのお店…勿論店員さんも忍装束…子供や外人さんにうけること間違いなしですが、きっとアリスにもうけてくれると思うんだよねぇ~楽しい事はとことん楽しまなければ損やろろろ(笑)付き合ってくれるのは准教授より片桐さんかなぁ(笑)いっそマキちゃんと行くでもいいと思うんだけど?

 目次参照  目次 食物

|

« 未来というより今だよなぁ(笑) | トップページ | もしももしももしも? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: せったいせったい?:

« 未来というより今だよなぁ(笑) | トップページ | もしももしももしも? »