« セーヌの水もどんぶらこ? | トップページ | ひとのふりみて? »

2011年7月24日 (日)

ランチは二時間、ディナーは四時間?

東は東、西は西  小林章夫  日本放送出版協会

 サブタイトルが、イギリスの田舎町からみたグローバリスムだそーで、何の本かというと大学の先生がサバティカルで一年間、イギリスに遊学しました雑記かなぁ?サバティカルとは研究休暇の事らしい、ちなみに著者の勤める上智大学では六年間務めると一年間のサバティカルがつくとの事…日本ではあまり定着していない制度らしいけど、学者にある程度の余暇がなければ、学問、教育に集中する事は出来ないからだそーだけど、これ真面目に働いている人なら誰でも当てはまりそーだけど、実際に実践しているとこって大学位なもんではないかなぁと(笑)やはり象牙の塔はそれなりに特権あるみたいです(笑)

 さて、そんな訳で著者は在外研究という事で行った先がイギリスの片田舎であるノリッジというヨーロッパで一番教会の多い街…聞いた人は皆退屈な町ですよと言いロンドンとか他の都市にすればとゆー忠告をしてくれる街…で、研修先はセインズベリー日本芸術研究所だそーで、名前でピンと来た方は通です(笑)セインズベリーとはイギリスでは一大スーパーマーケットチェーンでして、そこの会長夫妻の美術工芸コレクションの寄贈先がイースト・アングリア大(@ノリッジ)であり、勿論美術館も建てられた…そして更に日本芸術研究所も出来たとな~もともとのコレクションが東洋的だったのは勿論の事だけど、セインズベリー夫妻が日本の芸術に関心を持っていて特に縄文美術については相当入れ込んでいるらしい…日本研究というと、ロンドン大の東洋-アフリカ学部が有名らしいけど、こちら日本にロックオンですからねぇ…日本人的には嬉しさ半分不思議さ半分ですけど?ちなみに本研究所はゆくゆくは日本研究のメッカになりたいだそーで…まさに、おおっの世界か(笑)

 本書的に、まぁ日本研究というか、日本紹介みたいなノリは古くはアーネスト・サトウとか、ラザフォード・オールコックとかありましたけど、戦後はアメリカンが前面に出てきてアレだったけど実は欧州にジャポニズムありまっせの世界らしい(笑)で、一番おろろいたのは日本の考古学とりわけ縄文文化の研究者がイギリスにはかなりいらっさって、日本での発掘調査にも加わっているとか?ちなみにセインズベリー夫人が日本の芸術に魅せられたきっかけが縄文時代の火炎土器だと言うから、もはや筋金いりのよな(笑)

 アリス的にどーかと思ったのは実は准教授絡みで、大学教授ってど?みたいな軽いノリだったんだけど?蓋を開けてみれば、愛ではなくて、何とゆーか遠いイギリスと日本と世界について考えたの世界かなぁ?小さな地方都市に世界的な日本文化センターがあるのにも驚いたけど、その地方都市からイギリスという国が浮かびあがり、世界が見えてくるとゆーのも何とゆーか凄い…世界は一部の人で動かされている気にさせられているけれど、実は市井の人々のソレは馬鹿には出来ないんだなぁと…

 本書的には本当に普通の生活です(笑)だから、当時のイギリスの不動産高騰から悪徳不動産屋さんと大家さんに拘わった話や…公共サービスの余りのお粗末さに嘆く話やちなみに民営化してから人手が足りなくてサービス劣化の一途とゆーのは…(ガスや水道や鉄道なと命にかかわるのではと思うのは気にしすぎか?)、でもって遊学当時が丁度2002-3年だったのでW杯も出てきます…サッカーにしてもラグビーにしてもクリケットやゴルフにしても、そしてスヌートにしてもイギリス人スポーツ好きなんですねとか…また、イラクとブレアの件も出てきます…ええ、ここでブッシュでないのがイギリス人(笑)

 取り合えずとりとめはないよーに見えて、こーゆーとても日常って普段無意識なだけに非常に大切ではないかなぁと思ってみたりして(笑)新たなイギリスの一面を見た気がしたなぁ(笑)えと、相変わらずフランス嫌いというか信じていないのは良く分かったけど(笑)とにかく、本書はタイトルが全てを表しているよーな(笑)ちなみにこれキプリングの「東と西のパラッド」の一節なんだけど、最後の審判がくるまで出会う事がないとゆー一文があるのも凄いけど、「されど互いに地の果てから来ようとも、二人の勇者がまみえるとき、東も西もなく、国境も、人種も、生まれもない」と結ぶところにキプリング、詩人です。

 目次参照  目次 国外

|

« セーヌの水もどんぶらこ? | トップページ | ひとのふりみて? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

国外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランチは二時間、ディナーは四時間?:

« セーヌの水もどんぶらこ? | トップページ | ひとのふりみて? »