« 此処に地終わり、海始まる… | トップページ | 統計とは違う実感(笑) »

2011年7月11日 (月)

かけつけいっぱい?

世界を変えた6つの飲み物  トム・スタンテージ  インターシフト

 コピーが、ビール、ワイン、蒸留酒、コーヒー、紅茶、コーラが語るもうひとつの歴史でして、これらの軽い世界史的な本かなぁ?どれも言える事はまずは水を、で、次に安全な飲み物をの果てしない物語かも(笑)本書にもあるんですが、人間食べ物は2,3週間食べなくても何とかなっても、飲み物がないと2,3日かもたないそーで、とにかく飲み物の切実さは半端ねぇーになる訳です。故に文明は川の側にもなるらしい…でも人が増えると水質汚染も進むし、飲み水足りなくなるしで、そーだビールを飲もうのノリになるらしい…ちなみに紀元前1万年前に存在しなかった事は確かだけど、紀元前4000年前には近東一帯に普及していたそー…尤もワインも紀元前9000-4000年の間にザクロス山脈で作られていたそーで、結構古くから飲まれていたのは確か(笑)

 本書はその他に蒸留酒とあるけどウイスキーとか、フランデーとか、ラム酒とかが出てきまして、特にラム酒についてはアメリカ大陸とアフリカ大陸でどーだったかはご存知の通り…更にコーヒーと紅茶が出てきて、喫茶とはの世界かなぁ?ある意味それまで皆様軽く酔っ払っていたよーなから覚醒した生活に戻っていったみたい…まぁアルコールvsカフェインの戦いか(笑)そして、最後にアメリカ帝国の象徴と見なされたコカ・コーラがやってくると(笑)早足で世界史が見えてきます(笑)

 紀元前のワインの動きが文明の動きみたいでアレです(笑)昔はギリシャが名産地だったのに、気がつけばイタリア、そしてスペインと西へ流れていっているのですねぇ…その頃の交易がエジプトはともかく、イギリス(ブリテン島のケルト人)に北インドまで行ってたらしいから、ワイン恐るべしですねぇ…ローマ帝国も半端ないとゆー事でしょーか(笑)でもって古代ギリシャ人は水割って飲んでいたそーな…飲み物水で割るのはアメリカ人の専売特許かと思っていたら先達がちゃんといたのね(笑)ミックスして飲むのも結構あって、海水とか、ハーブ゛とか、はちみつとか、バラの香りとか…

 で、今も北ヨーロッパはビール、南ヨーロッパはワインとゆー区分になるとか…ギリシャとローマの影響を受けたか否かが問題か(笑)現代世界のワイン生産量の一位がフランス、二位がイタリア、三位がスペインなのに消費量はルクセンブルク、フランス、イタリアって…ルクセンブルク人って物凄くワイン好きなのか?

 アリス的によく出てくる飲み物とゆーと、ビールとコーヒーになるのかなぁ?コーヒーは准教授が軽く中毒っぽいからなぁ(笑)タバコにコーヒーって分かり易い男だったのか?准教授(笑)取り合えずヨーロッパに普及したのは17世紀頃らしい…それも肉体労働者ではなくて科学者、有識者、商人、聖職者に好まれたとあるから、その末端に准教授もつらなるのかなぁ(笑)やがてコーヒーハウスが隆盛して、情報の場ともなり、社会を動かしていったりするんだけど、この自由度がイギリスとフランスでは真逆なのに驚いた…イギリス…昔から討論の国というか、発言の自由があった国だったんだなぁと…ちなみにニュートンのプリンキピアもコーヒーハウスの話が一因としてあったりするんですよ…情報は巡るってか(笑)

 紅茶の話は大英帝国の、コーラの話はアメリカの世界戦略に付随していくのか?見方によっては壮大なドラマですが、本書的に注目するならエピローグのそして振り出しに戻る的なとこかなぁ?何がというと、結局水に収束していくと(笑)今やミネラルウォーターは物凄い売上高ですから、そして「この人気の根底にあるのは、容器入りの飲料水が水道水より健康によいという人々の思い込みなのだが、少なくとも先進国の場合、安全性は水道水も変わらない。たしかに、ときには水道水に汚染の恐れが生じることもあるが、それは容器入りの飲料水でも同じである」そーな(笑)国連食糧農業機関でも「大差ない」そーな(笑)更に国家資源防衛審議会によると「欧米では水道水の質のほうが、容器入り飲料水よりもはるかに管理が行き届いている」とか(笑)

 とはいえそれは先進国の話であって発展途上国では水のあるなしは生死の分かれ目だそーで、安全な飲み水は欠乏しているらしい…「サハラ以南のアフリカで女児が学校に行かない主な理由の一つは、遠くの泉まで水を汲みに行き、家まで運んでくるのに長時間を割かねばならないからだという」水汲みって女性の仕事なんですか…更に第三次中東戦争も事の起こりはヨルダン川の水利かららしい…水が戦争を招く事になるんですねぇ…他にもエジプトとエチオピアとか、中央アジアのカザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンとか、インドとパキスタンとか…水を巡る話はいっぱいありそー…そして、それは地球内の話だけに留まらずやがて宇宙での水に至ると…火星コロニーで水はどーすんべぇーとゆー話ですねぇ…もっとお水をって、どーよ(笑)

 目次参照  目次 飲物

|

« 此処に地終わり、海始まる… | トップページ | 統計とは違う実感(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

珈琲・紅茶etc」カテゴリの記事

飲物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かけつけいっぱい?:

« 此処に地終わり、海始まる… | トップページ | 統計とは違う実感(笑) »