« 丸くて白い~ | トップページ | 健脚なんだろぉなぁ… »

2011年7月 1日 (金)

エッフェル塔、マロニエの樹、そして敷石…

パリの秘密  鹿島茂  中央公論新社

 何の本かというとエッセイ本かなぁ?新聞に連載していたのを纏めたとゆーだけあって、一つ一つのエッセイは三ページ程という短さ。パリを中心にした小話はどこから読んでも大丈夫なので、興味のある項だけをチョイスするもよし、後ろから先に読むもよし、勿論最初から順に読むもありです(笑)

 お題も毎回変化にとんでいてパリの奥行きを知る事になるのかなぁ(笑)ちなみにフランスではジェットコースターの事をロシアの山と言うそーな、帝政時代のトロッコが前身らしい、とか…パコダという建物(今は映画館)は和風建築らしいのだが、日本人から見るととても怪しいみたい(笑)ちなみにコレ建築家のアレクサンドル・マルセルによるこんなもんだろ日本風って事で、差し詰め擬和風か…後はパリの夜と言えばコレ、ムーラン・ルージュへ行ってみてフランスだぁと感動するのもいいけど、実は「出演者は英米・北欧・東欧、経営・演出・装置はイタリア系、資本はアングロ・サクソン」だそーでパリの香は、香は(笑)とか…フランスのアイスクリームは香料が日本と比較するときつめなので日本人は結構苦手な人が多いとか…パリの街中には彫刻群がたくさんあるけど、一際不気味な動物がいる「ブタが魚になったといおうか、それともえらく不細工な龍といおうか」ちなみにこれイルカだそーで、この彫像が結構あるのは発音がフランス語的には王太子と同じだからとゆー、これも一つの縁起物なのかなぁ?とか…パリでは魚屋さんは女性の職業とか…ナポレオンはキリスト教関係者にとってはカトリック信仰をコンコルダートによって復活させた大恩人だとか…豆知識満載です~詳細は本書を読めですか(笑)

 アリス的にはパリ、うーん二人でフランス料理を食べている事位か(笑)むしろ、女性陣の方がありそーだよなぁ?貴島さんとか朝井さんとか?朝井さんならフランスにワイン豪遊の旅に行っていてもおかしくないと思うの(笑)まぁ冗談はともかく、アリスならパリといったらセーヌ河岸の欄干かなぁ?何故にといえばパリ名物の古本屋の屋台が並んでいるから(笑)何せ16世紀の昔からとゆーから歴史と伝統が違います(笑)本のあるところアリスありじゃなかろーか?と(笑)ちなみにパリ左岸6区と右岸9区界隈は古書店が立ち並んでいるらしい、しかもクオリティもいいとか、アリスこっちも顔出してそー(笑)

 観覧車の項は妃は船を沈めるに被るかなぁ?観覧車発祥の地はシカゴ(米)の万博の集客装置だったみたいですが(笑)ちなみに第三の男に出てきた観覧車も同じ型がパリにはあったそーで、エッフェルは残ってもグランド・ルーは解体されたと…観覧車より塔の方が残り易いんでしょかねぇ?

 後はアリス的に被るといえば、袋小路の芳名録の項のとこでパリのフラヌリ(そぞろ歩き)の話が出てきてるとこかなぁ?迷路(というより知らない小道)を逍遥する…何か乱鴉の冒頭のシーンを彷彿とさせるシーンがこれまた満載…いやぁアリスなら毎日迷子(?)になってそー(笑)

 目次参照  目次 国外

|

« 丸くて白い~ | トップページ | 健脚なんだろぉなぁ… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

国外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エッフェル塔、マロニエの樹、そして敷石…:

« 丸くて白い~ | トップページ | 健脚なんだろぉなぁ… »