« 海の中の島の中? | トップページ | 巴里においでませ(笑) »

2011年7月29日 (金)

カモンッカモン~

新版 家紋から日本の歴史をさぐる  インデックス編集部 編  ごま書房

 コピーに、源平・南北朝・戦国時代の武将を網羅とあって、家紋の本というより、プチ日本史の色彩の方が強いかもしれない?取り合えず、歴史好きというか、武士好きの方に向いている本かなぁ?こーゆー言い方したら失礼かもしれないけど、わざわざ家紋だしてくる必要性はどこにあったのだろーとゆーノリだしなぁ(笑)源平の合戦から、戦う武家の図が出ているのは普通の歴史書にもある図なんですが、それに本書は一々その家々の家紋が掲載されていると…で、それが幕末まで続くでござるよ(笑)

 さて、武将達の家にはそれぞれ家紋あるけど、こー言っちゃーなんだけど、お家が大きいと家紋も一つじゃないと…上から許された紋とか、褒美で貰った紋とか、裏紋とか、更に自分で作っちゃったとか、他にも女紋とか、ましてや日本は特権階級だけのものじゃなかったから、日本人なら皆、紋持ち?なだけに物凄い数でございまする…元は平安貴族の牛車にくっついていた車紋が始まりの一つらしい…それから千年(以上?)ドンドン増えていったと(笑)

 まぁ色々面白い紋もあるのですが、熊谷直実の紋、ほやに鳩で初めてホヤというのがヤドリギと知りました…日本にも昔からヤドリギあったんですねぇ…後、桜紋なんて綺麗だから昔からあると思っていたらこちら江戸に入ってからの比較的新しい紋、花が短命で実を結ばないから敬遠されていたらしい…桜花の道も歴史ありだなぁ…面白いと言えば丁子紋…ちょっと見かわいい大根みたいなんですけど、これあの丁子、ええクローブの事なんですよ、スパイスを家紋にする日本人…でもって実は平安時代から調味料として使われていたそーで…日本人って(笑)面白いと言っていいのかは、鶴紋ですか?あの応仁の乱の日野富子の家紋として有名ですが、これって前のJALのマークにクリソツなんですよ、JALは知っててつけたのかなぁ?平安時代から使われていた長寿の象徴らしいけど(笑)同じく鳥系で行くと鳩の紋も結構あって、これって西洋では平和の象徴だけど、日本の仏教では、軍神八幡大菩薩の使いだそーな…だから鳩の紋って武家に多いみたい…モノの見方って東西で違うんですねぇ…

 アリス的に家紋…勿論アリスん家にも家紋あるだろーけど、その前にアリスにちなんだモチーフとしての家紋というと、ブラジル蝶や蝶々はばたく、ましてやマレーで蝶々見学している位だから、最初に上げないといけないのは揚羽蝶でしょーかねぇ?この家紋で有名なお家というとかの平清盛になるんですけど(笑)後は池田恒興とか…ちなみに蝶の紋は奈良時代からあったとゆーから古い紋だったんですねぇ…

 竜胆先生で、竜胆紋もどか?笹竜胆は源頼朝の紋だったし(笑)後は源義仲とか…村上源氏の代表家紋だそーだけど、武家というより公家系の紋らしい…いろいろあるなぁ…乱鴉でカラスとなれば三つ足烏で鈴木孫市とか…いわゆるヤタガラスなんですけど、これ見るとむしろ日本サッカー協会を思い出す辺り洗脳されているよなぁ(笑)

 生き物系としては、白い兎じゃないけど兎紋とか、家紋としては1500年以降みたいだけど、兎で面白いのは杵紋のとこの月と杵紋、この象徴で兎を連想させるとゆー仕組み…この辺りが本当にもー日本人的感覚だよなぁ(笑)後は蟹紋があって、ええ准教授の好物ですよ(笑)個人的には准教授ん家の家紋、踊り蟹を推すけど(笑)いえ、もーひょうきんな家紋なんですよ(笑)

 後は赤い稲妻ではないけど、稲妻紋ですか…稲妻って豊作をイメージしているんですねぇ…ただこれらの紋を見ていると稲妻というより迷路に見えるんだけど…その他になるとわらう月で、月紋、月星紋なんてどーでしょー?これはアリスん家の家紋にどっかなぁ?武家の方が好んで使ったらしいけど、ちなみに月星紋は千葉常胤の家紋だったりする…でもまぁアリスん家の家紋としては個人的には鍵紋を推すかなぁ(笑)

 さて、家紋つながりでコラムなんかに旗印のとこがあったりしたんですけど、武田の風林火山なんか有名ですが、個人的におろろいたのは伊達正宗の旗印、日の丸なんですよ…日本の国旗って薩摩からの提案みたいな話を聞いていたけど、元は伊達なのか?日の丸の謎も深まるなぁってモノを知らないだけなのか…

 目次参照  目次 文化・芸術

|

« 海の中の島の中? | トップページ | 巴里においでませ(笑) »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カモンッカモン~:

« 海の中の島の中? | トップページ | 巴里においでませ(笑) »