« ビバでブラボでハラショな民営化? | トップページ | 個人の尊重・生命・自由・幸福追求の権利の尊重? »

2011年9月 1日 (木)

豆をやわらかく固めたもの?

豆腐料理 四季のレシピ  石澤清美  大泉書店

 コピーが、上手な水切り法やきり方をはじめ焼く・炒める・煮る・蒸す・和えるなど基本の調理法のコツをわかりやすく紹介。とあって、更に裏表紙の説明文が、毎日の食卓においしくてヘルシーな豆腐料理を、そのままて冷奴や湯豆腐に、煮たり焼いたり、炒めたり、おやつにしてもおいしい豆腐。旬の素材と組み合わせれば、四季の香り豊かな食卓になります。むかしから、日本の台所にいつもあった豆腐。おかあさんの買い物かごにかならず入っていた豆腐。もう一度、豆腐の世界を広げて、楽しんでみませんか。なんですね…これで全て説明ついているよーな…巻頭に日本橋人形町の豆腐屋さんが掲載されていたりしますが、本書は徹頭徹尾レシピ本かな?写真も奇麗だし、レイアウトも凝っているし、細かい手順もあるし、初心者には分かり易い本ではないかなぁと思います。何せ冷奴の作りかたからありますから(笑)

 個人的に気になったのが空也蒸しかな?絹ごし豆腐の茶碗蒸し葛あんかけみたいなノリなんですけど、寒い冬にほっと温まりそー一品だよなぁ~後は個人的に好物の蕪蒸しで、揚げ豆腐と鯛のかぶら蒸しなんかがいーよなぁ~えっ?九月に入ったとはいえそんな熱い物喰えっかよって、そんな貴方に豆腐の冷やし汁ヴィシソワーズ仕立てなんてどーでしょー?ジャガイモの代わりに豆腐を使った一品、夏ならこれかっ?他にもデザートなんかもあって、チーズケーキとかプリンとか色々あるんだけど、これまた気になったのが豆腐白玉の豆乳汁粉…こしあんの豆乳オレに豆腐入り白玉を浮かべた一品になるのでしょーか?見た目白っぽくて何か不思議なんですよ…

 アリス的に豆腐というと准教授のお膝元は京都ですからねぇ…豆腐とは切っても切れない仲じゃあーりませんか(笑)まぁむしろ、日常食としているのは婆ちゃんとか朝井さんなのかもしれないけれど?順当なところで湯豆腐とか?これも京都の名物料理の一つですよねぇ…それとも湯葉で、湯葉と水菜のシンプル鍋とか、でも朝井さんなら酒のつまみで豆腐のみそ漬けとかハーブオイル漬けが好きそーだよなぁ(笑)

 アリス的にはスモークサーモンが良く出てくるので、豆腐とスモークサーモンのボリュームサラダとか、准教授がピーナッツバターが好きとゆー事でひじきのピーナッツ白和えとか、ラフレシアでゴーヤチャンプルーとか…尤もこの二人なら豆腐カレーで決まりだろぉか(笑)

 目次参照  目次 食物

|

« ビバでブラボでハラショな民営化? | トップページ | 個人の尊重・生命・自由・幸福追求の権利の尊重? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豆をやわらかく固めたもの?:

« ビバでブラボでハラショな民営化? | トップページ | 個人の尊重・生命・自由・幸福追求の権利の尊重? »