« やっぱイタリアンでしょ(笑) | トップページ | エジソン、ダ・ヴィンチ、アインシュタイン? »

2011年9月29日 (木)

まるたけえびすに、おしおいけ、あねさんろっかく、たこにしき?

京都てくてくはんなり散歩  伊藤まさこ  文芸春秋

 所謂一つの京都ガイド本だと思うのだけど、ターゲット層が30才代前半ってイメージかなぁ?なので非常におされな本かもなぁ?いえ、そんなに尖がった雰囲気ではないんですが、ビジュアル系というか、写真多しで字のポイントが小さめ…デザイナーが若いのに京風に落ち着いて見せて、今っぽい感じにしてみましたのノリとか?そーゆー訳で若いおぞーさんにもお薦めします(笑)

 構成は京都の春夏秋冬かなぁ?その季節季節で感じ方違うし、春の疎水や平安神宮、それに知恩院、同じ桜でもちと違うとか(笑)夏の詩仙堂とか、秋の光悦寺とか、それぞれに味があるんですよね、そこは京都、絵なる風景なんですよ(笑)

 個人的に面白いと思ったのは平安神宮のおみくじが桜みくじだとかで、料紙がピンクっ、でこれを枝に結んでくると遠目には桜が咲いているよーなんですよっこーゆー美意識が日本人だなぁとちょっと感激(笑)おみくじ一つで絵が変わるんですよねぇ…

 アリス的に京都とは、と語るまでもないんですが、何かもー何から何まで引っかかってしまうよねぇ?

 まずは二人のソウルフードのカレーからすると、カレーうどん(日の出うどん)とか、ひよこ豆とオクラのカレー(efish)とか、准教授の必需品コーヒーとなれば、はしもと珈琲でアキオスペシャルブレンドを購入するとか、スマート珈琲とか、イノダコーヒ本店とか、何かと出てくる蕎麦ともなれば晦庵河道屋とか…

 准教授の裏庭銀閣寺という事で、銀閣寺きみ家(きは七が三つの漢字)で豆かんを食すとか、アリスの好きな月のイメージから亀屋良永で月を買うとか、その名もズバリ月餅家直正で月餅とか、二人なら煩雑に行ってそーな本屋さんで、アスタルテ書房とか、子どもの本専門店メリー・ゴーランド京都店とか、恵文社一乗寺店とか…

 何かどこにも顔出してそーと思うのは気のせいか?ふと、今さら気づいたが京都、女、一人旅となればここは朝井さんの出番だったかぁーっ(笑)

 目次参照  目次 京都

|

« やっぱイタリアンでしょ(笑) | トップページ | エジソン、ダ・ヴィンチ、アインシュタイン? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まるたけえびすに、おしおいけ、あねさんろっかく、たこにしき?:

« やっぱイタリアンでしょ(笑) | トップページ | エジソン、ダ・ヴィンチ、アインシュタイン? »