« いずこの土地も皆それぞれに? | トップページ | アール・ドゥ・ヴィーヴル? »

2011年10月14日 (金)

身近なはずの、その向こう?

鉄ちゃん鉄子のカラー版乗り鉄バイブル  櫻田純  中経出版

 帯によるコピーは、じつは知らない信号の意味、線路の構造と仕組みの妙、ホームに"駅の年輪"がある!?、で、更に車窓からの眺めがもっと楽しくなる!なのですが、凄いなぁというのは文庫本なのに写真多め(小さいけど/笑)でしかもカラー…これは目にインパクトあるよなぁ…何よりも見に行くものですから、見え方がクリアに分かるって大きいと思うんですよ。

 で、こちらの本はお話というより、辞書的かもなぁな構成ですが、でも難くはないんですよ…むしろ、日頃電車に乗れば目に入っている景色なんですけど、でも何か知らなかったものとか、知っていたと思っていたものがそーでもなかったとか、どの道もそれなりにいろいろあるけど、鉄道の道も奥が深い(笑)

 規模の大小もあれば、使用用途の違いもあるし、おべんきょになるかなぁ…マジあなたの知らない世界(笑)とはいえ、地方駅の待合室なんかには地元のボランティアの手による手作り座布団とか常備してあったりして、妙にほのぼのさせてくらさるし、駅の宿直室には寝坊によるトラブル防止の為に「起きる時間になると空気圧で布団が持ち上がることにより、有無を言わせず職員を起こすことのできる起床装置も開発され、多くの駅で採用されている」って、どんだけぇー(笑)

 後は、豆知識的なものも勿論豊富で、日本で最も深いとこにある駅は六本木駅(都営地下鉄大江戸線)の内回りだそーな(地下42.3m)…降りるだけで大変そー…KIOSKも、あれキヨスクと言うのか、キオスクと言うのか人によって違うので不思議だったんですけど、キヨスクが元なんですね、後にJR東日本だけがキオスクと改名したと…電車も何でもE付けたり、そんなに他社と差別化諮りたいのか東日本(笑)

 アリス的に鉄道…ミステリ的にもジャンルありですから、まぁ…あれですけど、やはりアリスなら大阪でしょーと、西日本な話で、まずは頭端式ホーム(櫛形)が上げられるかなぁ?JRの天王寺駅阪和ホームはこの手のテルミエみたいですよ~何かこの手のタイプって外国の駅っぽい気がするのは気のせい?他には朱色ではないですけど、駅の立ち食い蕎麦、あっ片桐さんも海奈良で食べてたっけ?これの起源は軽井沢駅(1897年)が有力説とか…ちなみにJRが民営化してからは自社のグループ企業が幅を利かせてきたみたいだけど、まだ残っている地元店も絶滅危惧種的にあるみたい…常盤軒(品川)のかき揚げそばとか、大船軒(大船・藤沢)とか、おぎのや(軽井沢)とか、壷屋(豊橋・名古屋(新幹線ホーム))とか…後はこれも多分絶滅危惧種の鉄橋も赤川鉄橋(城東貨物線)は淀川に架かっているそーなので、アリスも見学してそー(笑)ちなみにこちら、日本で唯一の鉄道と歩道の共用鉄橋なんだとか…

 さて、やはりというか、新規開発というか、最先端走ってるというか、新幹線にはそーゆー意味あいもあるのだなぁと思ったのがロングレールですか(笑)通常は25mなんだそーだけど、東北新幹線では60kmのロングレール…ちなみにJR東海ではロングレール運搬用の作業用気動車を購入したとか…時代はロングレールなんですねぇ奥さん(誰?)、また、東海道新幹線は他の新幹線と違って路線がコンクリート固めじゃなくて、盛土による築堤…地震に弱いはずだけど今のとこ何とか大丈夫なのは100万本の排水パイプを全線に埋め込んだからとか…危機管理に対する国鉄(当時)と道路公団の違いだそな…何とゆーか、いざとゆー時に手抜きって必ず表面化するもんなぁ、どっかので○こちゃんとこみたいに(笑)

 えーと、国際鉄道連合によると高速鉄道の定義には時速250km以上の速度で営業運転する事とあるそーな…他にもいろいろ要件あるみたいだけど(笑)取り合えず新幹線は当てはまるとゆー事か?さて、本書でヘェーと思ったのが、電車の中吊り広告、山手線群で平日二日、B3サイズ2700枚で210万円だそな…で、これが新幹線の客室の両端の壁にB3サイズ上り奇数号車1350スペースを一ヶ月のポスター代1176万円だとか…グリーン車のエクセレントボードだと一ヶ月で939万円2250円って…しかも常連企業が占めて新規参入厳しいって…

 目次参照  目次 交通

|

« いずこの土地も皆それぞれに? | トップページ | アール・ドゥ・ヴィーヴル? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身近なはずの、その向こう?:

« いずこの土地も皆それぞれに? | トップページ | アール・ドゥ・ヴィーヴル? »