« ワインとパンとそして… | トップページ | ヴェネツィアはもえているか(笑) »

2011年10月 2日 (日)

黄金の笛?

ジェームズ・ゴールウェイの芸術 vol.1 バロック時代  ジェームズ・ゴールウェイ  BMG

 なんとなくバッハが入っていたから聴いてみたなんですが、演奏者は知る人ぞ知るフルートの大家らしい…普段あまりフルートに馴染んでなかったので、どこがどー凄いのか皆目見当もつかない情けなさなんですが、バッハはフルートでもバッハだなぁとトーシロでも分かる雰囲気かなぁ?ふと思うにバッハという作曲家は時代のモードではなくて、スタイルを作った人なのかもなぁ?何をやっても徹頭徹尾バッハになっちゃうみたいな(笑)

 さてさて縦笛と横笛の違いが分からないこれまた情けさなんですけど、1720年代は縦笛から横笛にシフトしていった時代らしい…で、バッハ的にはフランテンブルクの第五番が始まりらしい…ある意味過渡期の楽器なのか?曲なのか?でもまぁこちらにある作品は皆品良く流れていく感じかなぁ?とトーシロ的には思うのであった(笑)

 アリス的にバッハはメインの一つなんですけど、こちらのバッハは准教授的ではないよーな(笑)むしろ、婆ちゃんとか海老原すわんとか世の中の全てを達観している人が評価しそーな雰囲気かなぁ?

 収録曲

 Disc 1
 ヨハン・セバスティアン・バッハ
1.管弦楽組曲 第二番 ロ短調 BWV1067
2.協奏曲 イ短調 BWV1056
3.無伴奏フルート・ソナタ(パルティータ) イ短調 BWV1013
4.トリオ・ソナタ ト長調 BWV1039
5.トリエ・ソナタ ハ短調 BWV1079(音楽の捧げものより)

 Disc 2
 ゲオルグ・フィリップ・テレマン
1.組曲 イ短調 TWV55a2 フルートと弦楽のための
 アントニオ・ヴィヴァルディ
2.協奏曲 ホ長調 Op.8-1,RV269 春 和声と創意への試み Op.8
3.フルート協奏曲 ト短調 Op.10-2,RV439 夜
4.フルート協奏曲 ヘ長調 Op.10-5,RV434
 カール・シュターミッツ
5.フルート協奏曲 ト長調 Op.29

ジェームズ・ゴールウェイ フルート

 目次参照  目次 音楽

|

« ワインとパンとそして… | トップページ | ヴェネツィアはもえているか(笑) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄金の笛?:

« ワインとパンとそして… | トップページ | ヴェネツィアはもえているか(笑) »