« 百味の飲食? | トップページ | 遠交近攻ではないんです? »

2011年10月27日 (木)

旅ゆけば、まてりある?

旅のおみやげ図鑑  杉浦さやか  幻冬舎

 これは一つのイラスト集になるのかなぁ?著者が国内外で買い求めたおみやげをジャンル別にコメントしている本のよな?エッセイ集とゆー話にもなるんだろーけど、著者自身のイラストの方が多い気がするから、これは絵本?いやもー著者と同じ感覚の人がいたら、狂喜乱舞の本だと思われます…出てくるものは、服とかアクセサリーとか、靴とかサンダルとかハンカチ、キーホルダー、袋にお守り、シールや文具、マグネット、キッチングッズに本、ぬいぐるみに人形、包装紙、リネンにこけしetc.非常に多岐に渡っているんですが、総じてチープでレトロなモノが好きとゆー事になるのかなぁ?アンティークぽいものもあれば、新品だけど何十年前の新品みたいなモノまで、著者の購買意欲には頭下がるかも(笑)

 世の中にはこーゆーお店もあるのか?とゆーのが、単なるアンティークショップではなくて救世軍のお店みたいなとこも米には結構あるみたいなのだ…ある種リサイクルショップみたいなノリなんだろーけど、本人的にはお宝発見というか、おもちゃ箱をひっくり返したみたいな掘り出し物の嵐となるらしい…やはり、ものは好きな人のところに流れるよーに出来ているのか(笑)まぁイギリスのアンティークショップについて書かれてるとこはグロスターとかバースとかロンドンのお店が紹介されているけど、狙い目は地方都市(観光都市省く)らしい…制服ショップとかもあるそーでコックさんの制服って…まぁ服ならエジンバラだと当たり前だが、タータンチェックがてぐすねひいて待っているみたいです(笑)

 アリス的におみやげ?というとダリ繭とか海奈良のばぁちゃんへの土産が思いつくんですが、どだろ?アリスはそーゆー小物類もちゃんと目がいくタイプに見えるけど、准教授って婆ちゃんとアリス以外におみやげ…後、猫へか?そーゆーのとは全く無縁な生活してそーだよなぁ(笑)

 そーいえば、ダリ繭で准教授が銀のペンダントだったか?してたはずでアリスに安物と評されていたはずだが、アリスが安物と断定しているとこと、准教授が着用しているとこで、あれってもしかしてアリスの旅みやげだったのかなぁ?半分以上いやがらせで贈ったのに、わざとアリスがいるとこでつけてくるところが准教授的とか(笑)ちなみに本書でも銀のペンダントヘッドが幾つか掲載されているんですが、結構各国でお土産になっているんだなぁと感心しました…猫の形のとかあるし、これならありえそーか(笑)

 後古本も米が狙い目らしいです(笑)著者的には職業柄、絵本なんかがメインみたいですが、保存状態がいいみたい?まぁ規模がアメリカ大きいからとゆーのもありそーだけど?アリスなんかも絶版になったミステリの発掘とかしてそーだよなぁ(笑)

 目次参照  目次 グッズ

|

« 百味の飲食? | トップページ | 遠交近攻ではないんです? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅ゆけば、まてりある?:

« 百味の飲食? | トップページ | 遠交近攻ではないんです? »