« 夏限定って何ですかぁ… | トップページ | 極東の極東の極東のじぱんぐ(笑) »

2011年10月10日 (月)

そしてわたしはたびにでる?

モロッコで断食 上  たかのてるこ  幻冬舎

 そしてサブタイトルがリビドー・ウォーズ編になるんだけど、何の本かとゆーと女子大生の卒業旅行話かなぁ?普通なら、女の子どうしか?カレと行くリゾート地か観光地になるんだろーけど、一人旅好きで、前はインドを放浪していたとかで、行くと決めた地か何故かモロッコ女一人旅、砂漠見たいが原動力か?でも実際行ってみたらモロッコは凄かったとゆー…

 序文というか前振りが女子大生の就職の厳しさから始まって、何とか内定もらったら卒論(卒制?)を越えて旅に行くしかないとゆーこの勢いは今までの反動か?とにかく全編勢いというか、パワフルな生活というか旅が展開されます…一種のバックパッカーなんですが、何故かパリ経由でモロッコへ何ですけど夜の10過ぎに着くのに宿を決めていないところから、行き当たりばったりというか、ぶちかましというかの旅が進んでいって…パリの物価の高さから早々にスペイン経由でモロッコに向かうはずが、これまた偶然にしては出来すぎなんですけど高校時代のクラスメート(♂)に出会い何故か二人でスペイン巡り、本書の1/3を越えてようやくモロッコに入るとゆー?何だかなぁな世界(笑)

 そして一人いきごんで入ったモロッコは…本書のサブタイトルが切実な意味を持つ編になる訳で…著者、なんと三回も襲われかかっています…噂に違わずアレですが、まぁ初回は知らない人について行ってはいけないは真理だとゆー話ですが、二回目はレストランのトイレの話、ボーイさんに案内してもらったら店のトイレでその店員に襲われたと…モロッコではトイレも命がけです…更に三回目はモロッコで知り合った女の子の彼氏…しかも彼女了承とゆー…よきものは分かち合うが道理だそーでそれは恋人も同じとゆー論理らしい…凄い凄すぎるぞ、モロッコ…てな訳で初日から貞操の危機を感じた著者は、この後宿で出会った日本人男性と旅を共にすると…女一人旅はどこにいったぁーってそれは多分下巻なんでしょね?

 アリス的にモロッコと言ったらモロッコ水晶じゃけんと本書を手に取ったんですが、うーん、この手の本とゆーか、若人の著書とゆーか、バックパッカー的な話って、何とゆーか人と食がメインな気が?何とか?どこ?とかよりも、出会った人とか、その人を介してのハプニングとか、何食べたとかが多いんですよね…まさに経験というより、体験な話…永遠の今というか、今見た事を切り取った感が強いんですよ(笑)

 後著者が若いので、当たり前だけど全体的に若々しさが満載かなぁ?なのでこれからモロッコへ行こうとしているおぞーさんにお薦めしとこー…まぁイスラム圏は女の子が個人で行くにはハードな話しか聞いた事がないので…アレですが…ままま、南アのW杯も行く前は凄い話いっぱい流れていたけど帰国してきた人は皆わりと平和だったとゆーし…まぁ襲われなかった人からみれば普通な旅、一度でも何かあればそれは危ないところになる訳で、個人の評価は二択になるのか?それともハプニングにあった統計的何%の人が運がなかっただけじゃん、切捨てご免になるのか?うーん?リスクって…

 まぁ本書も念願の砂漠に行き、何故か雨に降られていたりするんですけど、現地ガイドなしで済ませるなど過酷な様相が…何か傍から見ると体力の限界に挑戦シリーズのよーな旅に見えるけど?これは下巻もそーなのか?うん、下巻も読むかはもーちっと己に体力つけてからトライする事にしよー(笑)

 目次参照  目次 国外

|

« 夏限定って何ですかぁ… | トップページ | 極東の極東の極東のじぱんぐ(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

国外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そしてわたしはたびにでる?:

« 夏限定って何ですかぁ… | トップページ | 極東の極東の極東のじぱんぐ(笑) »