« 時の過ぎ行くままに(笑) | トップページ | 努力している限り人は迷うものだ… »

2011年12月 4日 (日)

あたらしいかぜ、か~

ヴィヴァルディ 協奏曲集 和声と創意への試み 作品8(全曲)  トーゾ  ワーナー

 とにかく明るいというかクリアな感じかなぁ?聴いてみて一番に思ったのはそれなんですけど、ヴィヴァルディはどの曲もイタリアンな雰囲気満載ですが、今回のコレはあの四季も入っていてお得感がいっぱい~でもって、四季とゆー標題がついた曲ってゆーのはそれまでイタリアではなかったらしい…フランスやドイツでは行われていたみたいだけど…そーゆー意味でもヴィウァルディ新奇ものに挑戦とゆー人だったのかなぁ?ニュータイプですねんとか(笑)

 アリス的には四季とゆーと四風荘なんですけど、こー通しで聴くとアリスなんかは第六番の歓び辺り好きそーな気が勝手にしてしまうんですけど?やっぱ明るい曲はいーわねぇとか(笑)

 収録曲

 CD1
1.四季
 第一番 ホ長調 春
 第二番 ト短調 夏
 第三番 ヘ長調 秋
 第四番 ヘ短調 冬
2.第五番 変ホ長調 海の嵐
3.第六番 ハ長調 歓び

 CD2
1.第七番 ニ短調
2.第八番 ト短調
3.第九番 ニ短調
4.第十番 変ロ長調 狩
5.第十一番 ニ長調
6.第十二番 ハ長調

 ピエロ・トーゾ ヴァイオリン独奏
 ピエール・ピエルロ オーボエ独奏
 クラウディオ・シモーネ 指揮
 イ・ソリスティ・ヴェネティ

 目次参照  目次 音楽

|

« 時の過ぎ行くままに(笑) | トップページ | 努力している限り人は迷うものだ… »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あたらしいかぜ、か~:

« 時の過ぎ行くままに(笑) | トップページ | 努力している限り人は迷うものだ… »