« ご飯、ご飯、ご飯? | トップページ | 読みやすいこと、分かりやすいこと、説得力のあること(笑) »

2012年1月22日 (日)

ありますか?ありませんか?

動的平衡  福岡伸一  木楽舎

 サブタイトルが生命はなぜそこに宿るのか、なんですが何とゆーか、タイトルに全てが集約していく感じかなぁ?生き物っていうのは、人間が思っている程軽くも甘くも単純に読めるものでもないみたいな?人が制御しよーとしたら、それこそどっかの会社じゃないけど想定外ばかりなりに行き着くみたいな?その時になってそれが想定外だからうちに関係(責任)ありませーんとバックレられるのか?それが問題だってか(笑)既に生物の逆襲は始まっているみたいだし(笑)

 何とゆーか、謙虚な気持ちで本書を読めかなぁ?ある意味科学も人の傲慢史なんですよね…地球全体を我がことと受け止める事が出来るのか?問われているよーな?そして、地球レベルでも宇宙全体からしたら小さき事なんですよねぇ…人の器ってどこらへんにあるのか(笑)取り合えず、本書は著者の他の本を知っている人にはその総覧というか、目次というか、あらましみたいなノリかも?トータルするとこんな現状みたいなノリか(笑)

 非常に淡々と、そして軽やかに書かれていますが、突き詰めればこの上なくディープな世界ですが、相変わらず豆知識満載でヘーヘーヘーの嵐もやってくると(笑)例えば、記憶について記憶の順列ですよね?そりゃ本人的感覚は曖昧とな(笑)人の記憶とは時間順に綺麗に並んでいるものではなく、「想起した瞬間に作り出されている何ものか」だそな…「つまり過去とは現在のことであり、懐かしいものがあるとすれば、それは過去が懐かしいのではなく、今、懐かしいという状態にあるにすぎない」とな…

 アリス的に生物学…となると乱鴉かなぁ?あれもある意味究極の選択だけど、人って追い詰められるとあそこまで行けるのか?と、留まれるのか?まさにそれが問題だってか?なんですが…遺伝子だけが私か?脳があれば私か?それも問題よな(笑)

 さて、ミミズには脳がないそーで、でもミミズは「意外なことに、脳がないとはいえ、ミミズは、あるときは葉っぱのどちら側を咥えれば巣穴に運び込むのに都合がいいか、迷いつつ「考え」さえしているのである」だそな…どこで考えているんだぁー?と考えると夜も眠れないってか(笑)

 ちなみに英語で第六感の事をガット・フィーリングというそーな…でこのガットとは消化管の事…あのガッツだぜっのガッツもこのガット…人は脳のみに生きるにあらずってか(笑)はたまた英語的にはマラリアの語意が、malが悪い、ariaが空気だそーで、直訳すると悪い空気…昔の病気概念は空気感染説(ミアズマ)だったのか?それがペストとか天然痘とか梅毒で接触感染説に…病気に歴史ありですねぇ…

 細菌とウィルスの違いとか遺伝子組み換えとかの詳細なお話は本書をドゾですが、結局人類は「遺伝子組み換え技術は期待されたほど農産物の増収につながらず、臓器移植はいまだ決定的に有効と言えるほどの延命医療となっていない。ES細胞の分化機構は未知で、増殖を制御できす、奇跡的に作出されたクローン羊ドリーは早死にしてしまった」と…

 最後に本書的に一番日本人的にホォォォォーッと思ったとこは北里柴三郎のとこでしょーか?当時、脚気については陸軍と海軍の対立だけでなく、日本の医学会も対立していたんですねぇ…森鴎外が死ぬまで細菌説に固執したとか…東大医学部今も昔もそんなもんだったよーで…ちなみにベルリン大に留学していた北里は母校の恩師たちの説に組せず「脚気は細菌が原因ではない」と明言し、「それは学問的には正しかったが、母校や恩師を批判したかどで、北里は帰国後、冷や飯を食わされることになる」とな…東大の正義感ってどこにあるのか、前から不思議だったんですが(笑)法学部も物理・工学(原子力)もあんなもんだしなぁ(笑)ちなみに、そんなニートな北里を拾ってくれたのがかの福沢諭吉だったそーで、伝研事件などを挟みながらも後に慶應の医学部創設に行き着く訳だそな…お代官さまと越後屋なのか?はたまた大本営発表なのか?それが問題だってかかか(笑)

 目次参照  目次 生物

|

« ご飯、ご飯、ご飯? | トップページ | 読みやすいこと、分かりやすいこと、説得力のあること(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありますか?ありませんか?:

« ご飯、ご飯、ご飯? | トップページ | 読みやすいこと、分かりやすいこと、説得力のあること(笑) »