« ぴかぴか? | トップページ | 新作の第一人者~ »

2012年2月26日 (日)

だってイタリアだもん(笑)

イタリア・アルプス鉄道紀行  中根正和  彩図社

 タイトルがタイトルなので、イタリア鉄道旅行の旅かなぁと思うんですが、メインとしては、ミラノ-ベネチア往復(インターシティ、チザルビーノ)とミラノ-サンモリッツ(チザルビーノ、氷河急行)、サンモリッツ-ミラノ(ベルノア急行、イタリア国鉄ローカル線)、ローマ-フィレンツェ往復(ユーロスター・イタリア)とローマ-フィウミチーノ空港(レオナルド号)かなぁ?どーも中年のおじさんの一人旅らしい…でまぁ本書の率直な感想は男の人の書いた文章だなぁでして…まぁ紀行なんで旅そのものもチラホラ出てくるんですけど、どーも著者は鉄オタっぽいので鉄道だけに終始しておいた方が内容的には厚みを増したんではなかろーか?

 まぁ当たり前だけど、事前に予習していないとなると、旅先でぶっつけ本番になる訳で、それが上手くいく可能性より失敗談の方が多しとゆーか、予備知識がないと説明も通りいっぺんになりがちなのは否めないよな…

 ままま鉄道的にも豆知識というか、体当たりイタリア鉄道でして、例えばミラノ中央駅の予約窓口は一つしか開いていないとか、当然待ち人多しで十数人ならまだしも日によっては72人待ち…切符の予約だけで一日仕事なのか、イタリア(笑)ミラノの地下鉄の窓口ではお釣りが足りないとか…ちなみに文句言ったら返金してくれたそな…チザルビーノの食堂車はシェフ一人、ウェイター一人で回っているとか…ブリーク(瑞)には氷河特急を運営する三社の内二社(FOとBVZ)の本社があるとか…氷河特急の食堂車の予約は日本からもできるけど、日本から予約すると席料として3000円取られるとか、ちなみに食事代は別、こちらもちなみにコースが二種のみこれも3000円…ついでに氷河特急の車内販売と食堂車は担当会社が別だとか…車窓が起伏に富んでいるのはどーもFO区間(ブリーク-ディセンティス)らしいとか…イタリアでは女性が一人で電車に乗車する事は不自然だとか、女性の一人旅とかないんだろか?…ユーロスター・イタリアのパンタグラフが未だにダイヤモンド型だとか、ちなみに色は真っ赤に塗装されていたらしく、著者には不評、それにしてもパンタグラフまで赤いとはイタリアらしい…ちなみに運行してるユーロスター・イタリアの隣で保線工事しているとか、日本の新幹線じゃありえない話も出てきたり…もっと凄いのは行きと帰りでは料金が違ったり(同じ日なのに…)…さすがイタリアな話、多すぎと思うのは気のせい?

 アリス的にアリスが鉄オタだから、とゆーのはともかく、この手の本はアリスが書いた方が絶対面白いだろーなぁと思いまする…何せアリスには雑学データベースがあるし…行く先々で解説に事かかないと思うの~なんとゆーか道端のぺんぺん草の学名まで説明してくれそーだもんなぁ(笑)

 鉄道内でのコーヒー事情で、やはりイタリアはエスプレッソの国だものですが、スイスに入ると普通のコーヒーになる模様とか、コーヒー中毒気味の准教授なら各国のコーヒーにも詳しかったりしそーだが(笑)後は、イタリアらしくアイスクリーム泥棒の話が出ていたり、結構日本人被害が出ているらしくて、これまた旅行者も構えていると、今度はその旅行者をからかうイタリア人が出ている模様…どこの国にもこーゆー性質の悪い人はいるって事で…

 後いかにもイタリアだなぁと思ったのはホテルの玄関が夜遅くなると閉まってしまうとこかなぁ…どーすっかとゆーと帰宅したらドアの隣のインターフォンでフロントに電話して開けて貰うのだとか…人出が足りないのか?それとも治安対策なのか?…それと日本人観光客的にはローマの空港よりミラノの空港の方が全体的に2割位お安いそーです、お買い物目当ての方は知っとくとお得かも?…でもって、何かと噂の日本人パックツァーの皆々様ですが、税関なんかでも個人客より団体客の方があっさり通してもらえるそな…やはり男一人旅はチェックが入りやすいみたいで、素通りできない模様…

 さて、本書で初めて知ったのだが、スーツケースってへこんだだけだと保障してもらえないんですねぇ…穴が開いたりしたら取り替えてもらえるみたいです…で、本書で一番おっさんらしいなぁと感動したとこがココ(笑)ローマ空港にてスーツケースに穴発見って事で、アリタリア航空のカウンターへ、でここの係員が「ブロンドのショートヘアでキュートだ。こんなに若くて奇麗な女性とクレーム交渉をするのは、嬉しいやら、悲しいやらで、少し遠慮がちになってしまう」とな…どんだけそーかとゆーと他の客の対応に「別に女性が悪いわけでも、航空会社が悪いわけでもないのに、怒りの矛先は彼女に向けられていて気の毒だった」とか、「彼女は相変わらず冷静に対応していて魅力的だった」とか…自分の時も「恐る恐る事態を説明した」とか…分かり易すぎる態度の差、オステキ過ぎるというか…これが正しいおじさんのあり方なんだろなぁ(笑)

 目次参照  目次 交通

|

« ぴかぴか? | トップページ | 新作の第一人者~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だってイタリアだもん(笑):

« ぴかぴか? | トップページ | 新作の第一人者~ »