« アラマーとあらまあ(笑) | トップページ | 花の陰、赤の他人はなかりけり(笑) »

2012年2月 4日 (土)

音の河の流れ?

ノヴェンバー・ステップス/武満徹の世界  キング

 うーん、巨匠なんでしょーねぇ…今更、武満についてトーシロが何を言うんだとの世界ですけど…オーケストラなんだけど、琵琶や尺八や三味線もあるよ、みたいなノリは日本回帰なのかなぁ?と日本人にしてみればそんなに違和感のない音も、海外の人からしてみれば物凄い雑音にしか聴こえないのもありそーな(笑)とゆーのも、西洋音楽は澄んだクリアな音を目指したのに対して、日本の楽器はわざと異音を混ぜていると聞いた覚えがあるのだが?鼓なんかも聞こえない周波数の音が出ているとか、能笛には割れた音が出るように細工してあるとか?聞いたよな?記憶違いか(笑)

 アリス的にはどーだろ?うーん、現代音楽となるとうーん…二人とも当然知ってそーだけど、好みかどーか?うーん…准教授の好きなのってバッハ、グールド、ツェッペリンだかならなぁ(笑)むしろ、こーなると天農画伯辺りが好きかもと勝手に妄想してしまったりして(笑)どこがと言われると明確にしづらいんですけど、片桐さんや大龍のイメージではないんですよ…とゆーか、黒鳥亭の建物に似合いそーな気がこれまた勝手にしたんですよね(笑)

 収録曲

1.弦楽のためのレクイエム
2.ノヴェンバー・ステップス
3.映画「砂の女」より
4.映画「切腹」より
5.映画「乱」より

 1.岩城宏之 指揮/NHK交響楽団
 2.井上道義 指揮/新日本フィルハーモニー交響楽団
 3-4.オリジナルサウンドトラック
 5.岩城宏之 指揮/札幌交響楽団/横笛 鯉沼廣行

 目次参照  目次 音楽

|

« アラマーとあらまあ(笑) | トップページ | 花の陰、赤の他人はなかりけり(笑) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音の河の流れ?:

« アラマーとあらまあ(笑) | トップページ | 花の陰、赤の他人はなかりけり(笑) »