« ぴんくぴんくぴんくpart2 | トップページ | 音の河の流れ? »

2012年2月 3日 (金)

アラマーとあらまあ(笑)

アラマタ大事典  監修・荒俣宏  講談社

 一言で言うと豆知識大全という感じかなぁ?どーゆー規準で選択したのか分かりませんが(著者の独断?好み?)300位のお題に対しての答えかな?一項目一ページという構成ですので、何とゆーか厚さのわりにはするっと読めます(笑)楽しい旅だぁならぬ、楽しい読書かも(笑)そんな事知って何になるんですか?というタイプの方でなければ、非常に楽しー本です~

 例としては、アホロートル…何じゃそりゃ?ってメキシコサラマンダーでんがな、とええ、あのウーパールーパーでございます…この生態が物凄い…いわゆる一つの大人子供状態なんですが、詳細は本書をドゾっ知らない人は驚くと思いまする…驚くと言えばイグ・ノーベル賞の項は節度ある大人としてはどーかと(笑)紅茶の正式ないれ方の論文(とても面倒くさくてやってられない/笑)とか…じゃあとお茶の項を見ると江戸時代には結構贅沢品だったらしく、お茶をたくさん飲む奥さんは離縁しなさいとおふれが出てたり…紙おむつはスウェーデンで開発されたとか…君が代ってヨルダン国歌と並んで世界で一番短い国歌だったとか…トロンプルイユ、いわゆる一つのだまし絵かなぁ視覚効果の事らしいのですが、見てると凄い…日本人の名字の種類は一つの国の中では世界で最も多いとか…琵琶湖って世界でも有数の長生きの湖であったとか…

 まぁでも本書的に一番へぇーと思ったのが、ネコドアかなぁ?扉に猫専用の扉を発明したのってニュートンだったそな(笑)

 アリス的にルイス・キャロルや月の項になるんだろーけど、ホテル・ラフレシアでラフレシアの項かなぁ?たいへん変な臭いだそーだが…スウェーデン館でアザラシとか?ちなみにアザラシは腹ばいで移動するのだとか…マレーで苺で、実は苺って果物じゃなくて果実的野菜なんだとか…ダリ繭で占いで昔を馳せるとか(笑)、朱色で火星の夕焼けで、やはり青かったんですよとか…乱鴉でカラスで都会のゴミをあさっているのはハシブトガラスだとか…海奈良でパンゲアって実はすべての大陸って意味だったとか…蝶々で蟹で脱皮の項でソフトシェルクラブとか、うーん、准教授は蟹なら何でもオッケーなんだろか(笑)三つの日付でナスカの地上絵とか、マレーで蛍でゲンジボタルの西日本の点滅周期は約2秒だとか(東日本では約4秒)、朱色で落語で落語ってらくごと読むよーになったのは明治中期からとか…

 まぁ他にもいろいろひっかかるとこあるんですけど、一番ほぉーと思ったのはヘリコプターの項でダ・ヴィンチの話が出てくるところ…ヘリコプターの原型はダ・ヴィンチの発案からとゆーのはいーんですが、何とヘリコプターの日って4月15日なんですよっで、その理由が4月15日ってダ・ヴィンチの誕生日だったから…うわぁーっ准教授の誕生日ってダ・ヴィンチと一緒なんですか…それはそれで何か凄い偶然だと思うのは気のせい(笑)

 目次参照  目次 未分類

|

« ぴんくぴんくぴんくpart2 | トップページ | 音の河の流れ? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラマーとあらまあ(笑):

« ぴんくぴんくぴんくpart2 | トップページ | 音の河の流れ? »