« まてりあるがぁる? | トップページ | 今後はもっとばらけたものが増えていく? »

2012年5月 8日 (火)

悪はついに天に勝たず…

柳生忍法帖 上下  山田風太郎  講談社

 風太郎先生の忍法帖読破の旅…先は長いなぁと思いつつ…今回はタイトル通り柳生かな?日本人なら柳生と言えば、柳生新陰流なんじゃなかろーか?ですが、でもっても一つ、柳生と言えば、柳生十兵衛…知らない人はまずいない有名どこでござります(笑)

 さて、本書はその十兵衛が主役かな?主役というよりヒーローか?舞台は主に、江戸と会津なんですが、まずは会津で問題勃発、加藤式部少輔秋成と芦名銅伯を筆頭にした芦名一族が専横をひいた事が事の始まり、人気のない人間ほど力に頼るのは世のならいなのか…ついに堀主水以下家老一族が脱藩、殿方は高野山に、女性陣は鎌倉東慶寺に逃れるが加藤家は内政問題として加藤家の話を通したところから、高野山から引きづりだし、更に尼寺たる東慶寺にも押し入ったところから話は始まると…

 取りあえず、詳細は本書をドゾですが、この東慶寺は尼寺ですから男子禁制、しかも知る人ぞ知る駆け込み寺、歴史の重みが違うんですね、しかもそのトップが天秀法秦尼、あの豊臣秀頼の娘なんですよ、そして彼女が母と呼ぶ人物が徳川千姫…そんなとこに無理矢理押し入った会津七本槍…まぁ聞くまでもなく力が全ての悪役にこれ以上なしな人達ですが…で、そこでからくも生き残った七人の乙女というか女性陣が、父の兄弟の夫の復讐を誓ぅーってとこで、千姫が女の戦いを貫けと…

 か弱いというか、どーみても普通の女の子がそんな力技しか能のない猛獣のよーな戦士に立ち向かう…これではあまりに力の差が歴然としているので、この助っ人に千姫は沢庵和尚にあたり、そのつてで柳生十兵衛三巌が助太刀というか、教官となって皆で戦うぞという話か(笑)

 アリス的に何故に忍法帖というと、甲賀忍法帖の解説が御大だったから、で、更に他の山田作品も読みなされと断じていらっさるので(笑)そして、今回は上下本、厚さもそれなりにあって量が…前半が江戸編とするなら、後半は会津編になるのかなぁ?まぁ何にせよ、この秋成と芦名一族が本当に悪党なので、これは勧善懲悪の王道を行く話かと(笑)最後まで読めばスッキリーですけど、その途中がこれでもかこれでもかという悪逆非道…何か、伊賀忍法帖の松永久秀も最低の男だったが、こちらの加藤秋成は器的に小物なのにエバリンボしないといられないとゆー情けなさの悪役で…登場する度にムカツクタイプの典型って奴ですか?

 会津七本槍もこー男の風上にもおけないタイプで…良心のひとかけらもない人達といおーか?力が全ての人達といおーか?ですが、その上をいく銅伯は…まぁ読んでみてみてか…そして、本書で表のヒーローが十兵衛ならば、影のヒーローは沢庵和尚の弟子である同行した禅師たちではなかろーか?この潔さ、何とゆーか、すざまじいとしかいいよーがないよーな?普通のおじさんぽいのに、達観度が違うといおーか…さすが沢庵和尚の直弟子、おみそれしましたとしか言い様がないよーな…

 さて、本書の後書きは上巻が田中芳樹、下巻が新井素子というラインナップなんですがまぁしのごを言わず読みなされかなぁ?どちらもざっつえんたーていめんとだとおっさっていらっさるよーな気がするが、特に新井先生は風太郎先生のファンのよーな気がする(笑)が、田中先生の解説は実体験に基づいていて面白い…一つは会津の歴史資料館の話、展示物が先史時代からいきなり保科正之の代に飛んでいるそーで、間の芦名家、蒲生家、上杉家、加藤家の事はなかった事になっているのか(笑)

 で、更に秀逸なエピはおぼろ忍法帖を図書館で借りようとしたら、顔見知りの司書曰く「あんた、信じられる?佐藤栄作がノーベル平和賞をとったんだよ。いまニュースでいってたんだけどね。何だかノーベル賞のありがたみが消えてしまったね。佐藤栄作だもんねえ」とな…「ノーベル平和賞に対する日本人多数の認識が変わったのと、私が山田風太郎を再発見したのは同じ日のことであった」と…重みとしては後者ですか(笑)

 さてさて、本書の個人的な感想は、甲賀がマンガ的で、伊賀が映画的だとすると、柳生はゲーム的かなぁ?相手が徹底的にワルなものなので心の葛藤というか、良心が傷まないんですね(笑)気分はRPGの勇者サマで行こーと思えば行けるかも?まぁでもここの勇者様は士道と仏法の前には「僧正も死なれて結構、徳川家も滅んで結構」と言い切る御仁ではありますけど(笑)

 目次参照  目次 フィクション

|

« まてりあるがぁる? | トップページ | 今後はもっとばらけたものが増えていく? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

フィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪はついに天に勝たず…:

« まてりあるがぁる? | トップページ | 今後はもっとばらけたものが増えていく? »