« 軒の連なり? | トップページ | これも一つのハイキング? »

2012年5月 2日 (水)

あもーれ、かんたーれ、まんじゃーれ(笑)

行正り香の旅で出会ったイタリアン  行正り香  集英社

 何の本かというとイタリア料理のレシピ本なんですけど、見た目ちょっと写真集のよーなノリかなぁ?写真が暗色をドーンととらえているのでちょっと重厚な感じがしないでもないけど、デザインも落ち着いた雑誌のよーで、全体的におされかな?後、著者のイタリア都市巡りの思い出エッセイも幾つかはさんでいるので、タイトルに偽りなくちょっと旅本なとこもあるのかもしらん?でしょか(笑)

 そんな訳で前菜からデザートまで幾つかのイタリア料理が並んでいるのですけど、本当にイタリア料理シンプルなものも多しで、それてそれが写真うつりもいいよなぁと感心しまする。だって、切って、炒めて、あえるだけで奇麗な一品が出来ていたりするんですよ…凝るところは懲り、シンプルなものはシンプルにとゆーめりはりのきいたコンセプトがイタリア料理の真骨頂なのかなぁ?まさか、日本の刺身みたいに切り方だけで差が出ますの世界とか(笑)

 今イタリアンというと真っ先に思い浮かべるのがピザなんですよねぇ…イタリア的に言うならピッツァか(笑)本書にも、ピッツァ・マルゲリータ、玉ねぎとローズマリーのピッツァ、生ハム、ルッコラ、パルメザンチーズのピッツァ、チーズだけのピッツァが掲載されていますが、やはり伊人にとってもマルゲリータは特別なのかなぁ?お店でお薦めを訊くと、マルゲリータを薦められる模様…奇をてらうより基本だよね、何事も(笑)

 それにしても玉ねぎのピッツァはこれってありですかぁーと思いましてん…でも本書によると現地のフォカッチャは玉ねぎのってるのが多いそな…それをピザでやってまえと…ローズマリーじゃなくてバジルでもオレガノでも合うそーなので…このシンプルさはご飯と同じと見ていいんでしょーか(笑)

 アリス的にイタリアンと言うと、朱色と絶叫城かなぁ?何か朱色ではサラダを絶叫城ではパスタを食べていた記憶が薄らとあるんですが?サラダとなるとこちらでは、トマトとモッツァレーラのサラダと、きゅうりとミントのサラダ、砂肝オイル煮のいろいろサラダ、そしてラディッキオとルッコラのアンチョビサラダが掲載されています。トマトとモッツァレラは日本でもよく見るサラダだけど、きゅうりとミントはシンプルの王道いっているよな(笑)プーリアで食べたと著者が言っているから南の夏に似合いそーなさっぱり感なのかなぁ?

 パスタの方は、さすがイタリア料理のど真ん中なのかいぱーい出ていて、まずはにんにんチャンクのアーリオ・オーリオ、ピリ辛うにのアーリオ・オーリオ、オイル・サーディンと玉ねぎ、フェンネルのパン粉パスタ、あさりのアーリオ・オーリオ、トマト、ケーパーモッツアレーラのパスタ、あさりとパセリのトマトソース、いかすみのパスタ、豚ラグーのバスタ、バジルクリームソースのリングイーネ、卵とチーズのタリアテッレ、ピリ辛ゴルゴンゾーラのリングイーネ、えびしミントのトマトクリームソース、ズッキーニと生ハムのフェットチーネ、オレンジ風味のフェットチーネ、クリームポルチーニのフェットチーネと名前並べただけで涎が出そー…

 うーん、アリスだとやはりハム好きだと公言している位だから、サラミとハム、トマトブルスケッタとかにいきそーだけど、魚魚魚のアリスもいる訳でこりゃシーフードかな?白身魚のオレンジソースとか、かじきまぐろのパン粉ソテーとか、魚とあさりとじゃがいも、オリーブ、ケーパーのワイン蒸しとか、白身魚の赤パプリカソースとか、白身魚のセモリナ粉焼きハーブソースとか、いわしのピリ辛オーブン焼きとか、南イタリア風魚のスープとかになるんでしょかねぇ…その他にも前菜でシンプル料理が出てますけど、さすがイタリア海辺の街には魚料理がたくさんあると見た(笑)

 まぁ、何にせよ、向こうの料理で感心するのはハーブの使い方が上手いなぁとゆーのと、それ以上に果物系の使い方が凄いよねぇ…さて、本書は豆知識も幾つか載ってて、例えば老人であろーと子供であろーとピッツァは大きいサイズで、そして決してシェアでは食べない…味が分からなくなるからというけど、それ全部一人で食べるのは胃が相当凄い事になっているのではないか?とか…サン・ジョバンニ・ダッソ村にはトリュフ博物館があるとか…小さい村らしーのに、特産品が白トリュフとはいえ、さすがイタリアと言っていいんでしょーか?

 で、結局お前はどないやねんと言うと、日本人的に気になった一皿、まぐろのカルパッチョオレンジ風味でしょかねぇ…日本的にいうとまぐろのたたきみたいなノリなんですけど、まぐろでたたきってだけで贅沢だぁと根が庶民なもので気になり、そしてまぐろとオレンジこれまたどんなんだと気になり…シチリア料理らしいんだけど?シチリアではこれがジャスティスなんですかぁー(笑)

 目次参照  目次 食物

|

« 軒の連なり? | トップページ | これも一つのハイキング? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あもーれ、かんたーれ、まんじゃーれ(笑):

« 軒の連なり? | トップページ | これも一つのハイキング? »