« べじたりあん?べじたりあん(笑) | トップページ | あまねく、あまねく… »

2012年6月21日 (木)

日本画を土足で見るのはいかがなものか(笑)

藤森照信の特選美術館三昧  藤森照信  TOTO出版

 どーゆー本かというと、建築史家(建築家)が日本全国の美術館の建物を見て回るエッセイかなぁ?取りあえず、写真が奇麗です(笑)でもって結構ボリュームもある紙幅かなぁ?目当ては国内の美術館なんですが、日本って全国区的に美術館だらけだったんですねぇ?あまり日常、気にした事がなかったんですが、例えばフランスのルーブルとか、アメリカのMOMAとか世界規模の美術館はあるけど、数からいったら多分日本が世界一?こー地方の県どころか市町村単位で美術館があるとゆーのが、世界的に見ると違うらしい…村立とか、個人のものも多いし…美術館とか、博物館とか、資料館とか、郷土館とか、ことかかないものなぁ(笑)

 でもまぁ、こちらに掲載されている美術館はある程度の規模は誇っている感じが…殆ど全てが日本の建築家によって設計されているし…で、これまた千差万別で、物凄くシンプルなのもあれば、未来派なんだろなぁもあれば、てすかばーじゃぱんもあれば、もー建築家の妄想もとい創造の産物がズラリと並んでおりまする…理屈じゃないんだ、心の目で見ろって事か?でも、これが○○?あれは△△と邪推するのも、いと楽しってか(笑)

 で、これまた色々豆知識も満載です(笑)例えば、日本の最初の近代専門の美術館って神奈川県立近代美術館だとか、柱梁構造なんかでH型鋼が剥き出しで使用されているデザインの世界最初も神奈川近代美術館…結構神奈川(鎌倉)進んでいたのか?それても建築家の思想が凄いのか?ちなみに設計、坂倉準三なんだが、このH型鋼には裏話があって、実はパリ万博(1937)の日本館の設計をしたのもこの板倉、で彼はそこでH型鋼剥き出しデザインで造っちゃったと…だから正確に言うとこれが世界初らしい(笑)でもって更に凄いのは「H型鋼で柱と梁を組み、間にはガラスをはめて壁とし、鋼鉄による垂直と水平の美を打ち出して、見る目のある者には衝撃を与えた」そな…それがどんだけ凄かったかとゆーと、施工主の日本政府はこんなの駄目ポの世界観だったから勿論万博建築コンテストに応募もしなかったのに、そのコンテストの審査委員長だったオーギュスト・ペレがゴールドメダルを進呈してしまったとな…で、この時一緒に表彰されたのが、フィンランドのアールトとスペインのセルトって言うから、まさにどんだけぇーの世界だったんですねぇ(笑)

 アリス的に美術館?一応展覧会とか好きで足運んでいるよーな気はするんだけど、ダリ繭なんかとか?後どっかでムンク見る為に奈良まで行ったとかあったよな?で、その時建物は?とゆーと、どだろ?ミステリ的にはハコモノにも興味あると思うんだけど?

 えと美術館的には世界で一番小さい美術館(幅7m奥行18m)の碌惨山美術館とか出て来るし、ちなみに設計は今井兼次、この方「大正期に建築家として自己形成した人で、大きなもの強いものよりは、小さくてやさしいものを好んだ」とか…日本人のかわいいもの好きはこの頃から顕在だったのか(笑)で、この建物のイメージが「スウェーデンの20世紀初頭の建築家ラグナール・エストペリーの名作ストックホルム市庁舎から発している」だそで、ヴェロニカさん辺りなら分かってくらさるのだろぉか?

 世界初的なとこで世界でただ一つの黒い美術館とゆーハラ ミュージアム アークとか、日本人の目から見ると単なる黒い倉庫というか、蒲鉾にしか見えないんだけど、これは所謂バーン建築とゆー事で米人にはホーム・スイート・ホームなノリらしい…大草原のでかい蒲鉾、まっ宜しいんじゃないんでしょーか(笑)

 写真からしか知らないのにこー言ったら悪いけど、和洋折衷というか、見た目ごちゃごちゃな感じを受けたのが伊豆の長八美術館…白と黒の世界かなぁ?でもモノクロスタイリッシュとはちと違う路線というか(笑)でもって、ここの白、ただの白ではございませんとゆー…漆喰に土佐漆喰を使っているそーで、これ秘伝中の秘伝らしい…「工事はほとんど左官オリンピック状態のうちに進められ、土佐漆喰が塗り上げられた」そな…日本の職人の本気はなめたらいかんぜよの世界か(笑)

 さて個人的に視覚インパクト大なのが、谷村美術館とレアス・アーク美術館かなぁ?一方は岩石か?のノリだし、も一つはUFOかのノリなんだけど、何とゆーか建築家の個性というか、主張がばばばぁーんと出ていて逆に気持ちいいです。ここまで自分を全面に押し出せる人はまずいないよな?前面じゃないんですよ、全面なんです(笑)これはもー是非現物を拝見したい(笑)

 最後に本書的にハハハのハと思わされたとこは国立西洋美術館のとこで、これかのル・コルビジェの設計として有名なんですが「ル・コルビジェが手掛けた理由は、フランス政府が、戦時中に敵性資産として差し押さえた松方コレクションに帰す」そな…で、今なお「松方コレクションのうち、ゴッホなどの最重要作品は返却されず、今はオルセー美術館の中核展示となってることを付記したい」とな…ルーブルといい、フランスお前もかの世界か?いや世の中返して返して北方領土だけじゃなかったんですねぇ…勝てば官軍って、どーよ(笑)

 目次参照  目次 庭園・建築  目次 文化・芸術

|

« べじたりあん?べじたりあん(笑) | トップページ | あまねく、あまねく… »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

庭園・建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本画を土足で見るのはいかがなものか(笑):

« べじたりあん?べじたりあん(笑) | トップページ | あまねく、あまねく… »