« 江戸っ子は独り善がりの頑固もの(笑) | トップページ | 前夜祭? »

2012年6月 9日 (土)

パンの眼で見るのじゃ(笑)

パン屋さんが超好き!  Cleva  マーブルトロン

 何の本かというとパン屋さんの本なんですねぇマル…コピーは毎日食べたい食事パンからおやつパンまで、パン食人イチオシ決定なんですけど、そーいや前にこのシリーズの本読んだ事があったよな?基本的に構成は同じよーな気がする?こー20-30代女性向けな雰囲気は変わらないかなぁ?取りあえず、今時のパンが好きな人にはお薦めの本だろな、と(笑)

 こーゆーおっされぇーな本というか、パンが並んでいると、何分あまのじゃくな性格なせーか、普通のパンといおーか、レトロなパンに目がいってしまったりして…カタカナ名前というか、もー今だとそれ何語ですかのパンが多い中…やはり一言ですむパンは有り難い気が(笑)

 そゆ事で、実は本書で一番おおっと目をひいたのはカレーパンのページ…豚トロカレーパン(Boulangerie E.S.)とか、カレーパン(Ruheplarz Zopf)とか、お豆とれんこんのカレーパン(Boulangerie ianak!)とか、ビーフカレーパン(Benoiton)とかでしょかねぇ…見た目普通っぽいのはZopfさんのとこ位ですが、それでもネームが短いのが救いかも(笑)

 いえ、最近対面販売増えてきたけど、名前長くて頼むのが大変なんですよぉ…更に最近店内の照明落とし目で、しかも全部アルファベットでしかも細かい字だったりすると…ケースにへばりつかないとよく分からんのもあって…これでも視力はいい方だと思うんだけど、見え辛い気がしているのは気のせいとゆーより、己にパンマインドが足りないせーなんだろか?

 アリス的にパンというと、46番目のクロワッサンとマレーのくるみパンとあといろんなとこで食べているサンドイッチとトースト位だろか?本書でいくと、クロワッサンが掲載されているお店はブーランジェリー・エス(逗子)と、ヌクムク(中村橋)と、レ・ロア(小田原)と、ダヴィッド・パン(つくば)と、ブールブールブランジェリ(八王子)と、クピト(奥沢)と、ブーランジェリーイアナック(西日暮里)と、イトキト(大岡山)と、ル・ルソール(駒場東大前)でしょかねぇ…くるみパン系は殆ど他の食材、レーズンとか他のナッツとかがミックスされたのが掲載されていてくるみパン単独系はほぼないに等しいので、これはまずパン屋さんに行って自分の目で確かめろってとこだろか(笑)

 取りあえず、本書に掲載されているのは南関東系が多いよーな気がするけど、それでもこちら関西のパン屋さんも載ってます。
京都 コムギ(左京区)、モン・クール(長岡京市)、クロア(北区)、ル・プチ・メック(中京区)、フリップアップ(中京区)、
大阪 ブーランジェリーピーアンドビー(西区)、ジュエボワット(高槻市)
 うーん、アリスは行っているか?より、ここは京都が多しって事で朝井さんかなぁ?ところで朝井さんはご飯党なのか?パン党なのか?そこが問題だってか(笑)

 その他、大阪のお店としてアド・パンデュール(中央区)がありまする。こちらカフェ・レストランみたいなノリらしーが?店内写真ではプチマダム御用達な雰囲気がしているんですが、アリスなら大丈夫か(笑)

 目次参照  目次 パン

|

« 江戸っ子は独り善がりの頑固もの(笑) | トップページ | 前夜祭? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

パン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンの眼で見るのじゃ(笑):

« 江戸っ子は独り善がりの頑固もの(笑) | トップページ | 前夜祭? »