« ダンスは何かしてくれる奴とするもんだよ(笑) | トップページ | 滅後の真筆? »

2012年8月17日 (金)

雰囲気が違います?

京都花街の名店  青幻舎

 サブタイトルが芸舞妓さんが通う粋なお店でして、やはり飲食関係のお店が多いかなぁ?で、京都でも花街付近となると、祇園甲部、祇園東、宮川町、先斗町、上七軒を中心にしたご近所となるらしい?舞妓さんも芸妓さんもその街に根付いているものなんですねぇ…まぁ全米が泣いたではなくて、舞妓さんがいるかもしれないお店だろーか?結構、バー関係のお店が掲載されていて、ちょっとおろろきましたが、花街なら夜とゆー事なんだろか(笑)

 さて、そんなこんなで(?)そーだ京都に行こうもあるんですけど、本書を手に取った最初の動機は、しゃぶしゃぶ食べたいでして…真夏に鍋は暑苦しいと思いつつ、夏ならば牛じゃなくて鱧じゃねぇ?とひらめきました(笑)で、割烹越路(上京区)には鱧しゃぶがあるんですねぇ、さすが京都、鱧料理にことかきません(笑)他にしゃぶしゃぶ系でいくと、鶏しゃぶで侘家古暦堂祇園はなれ店(東山区)でしょか?白濁したスープがインパクト大なんですが(笑)京都というと肉は牛のイメージだったけど、鶏もメインだったのか?

 後、個人的に覗いてみたいなぁと思ったのが、裏具(東山区)かなぁ?何のお店かとゆーと文具屋さんになると思うんですけど、こちらのオリジナルぽち袋がかわいいとゆーか、おされなんですよぉ(笑)女子的に行かねばなら紅茶倶楽部(東山区)かなぁ?名前から分かる通り紅茶専門店なんですけど、もー見かけからしてアフタヌーンティーの雰囲気満載(笑)

 アリス的に京都というと、幾らでも出てきそーであれですけど、ダリ繭や異形でステーキ食べてたなぁでステーキハウスよしだ(東山区)とかどーだろぉ?創業40年以上との事だが、他のとこなら老舗の部類も京都だとまだまだなのかなぁとか…それとも暗い宿の羊羹で蒼弓(東山区)とか、ココナッツが入った羊羹ってどゆのだろ?ダリ繭の寿司折で、先斗町吉野鮓(中京区)とかになりそーか?

 でもまぁコーヒー中毒の准教授が行くとしたら昔懐かし喫茶店ってとこで、ラテン(東山区)とか、切通し進々堂(東山区)とか、タナカコーヒ祇園店(東山区)とか、喫茶梅(上京区)とかになるんでしょーか?さすが京都渋いお店が顕在です(笑)

 後はラフレシアや201号室じゃないけどバー的なとこで、祇園サンボア(東山区)とか、フィンランディアバー(東山区)とか、祇をん天(東山区)とか、BAR KUGEL(東山区)とか、BAR SHINPI(東山区)とか、SENT JAMES CLUB 先斗町(中京区)とか、CLUB DESERT(中京区)とか、Radetzky(中京区)がありますが、お店の詳細は本書をドゾ。それにしても京都の店名って日本語表記が多い気がしてたけど、さすがにバーとなるとアルファベット多しになるのか(笑)

 さて、最後にアリス的にはここが一番かなぁと?とゆーのは蛸虎上七軒店(上京区)でして、何のお店かとゆーとたこ焼き屋さん。オオサカンのアリスとしてはたこ焼き、スルーはないと見たが、どーか(笑)

 目次参照  目次 京都

|

« ダンスは何かしてくれる奴とするもんだよ(笑) | トップページ | 滅後の真筆? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雰囲気が違います?:

« ダンスは何かしてくれる奴とするもんだよ(笑) | トップページ | 滅後の真筆? »