« 全ロンドンが舞台(笑) | トップページ | わたしたちが作ったものはすべて偽物だ(笑) »

2012年8月 1日 (水)

枝豆や三寸飛んで口に入る?

いつだって枝豆!  児島啓介  青春出版社

 コピーはビールのおつまみだけじゃもったいない!なんですが、ついでにもっと楽しむCD付で、みんなで歌おう!枝豆の歌♪までついていると(笑)どーゆー本かというと、枝豆よいしょ本ですか?枝豆に関してなら何でも載せてみよーみたいな?ゆるい本ですか(笑)

 それにしても最近流行りというより、よく見るよーになってきただだちゃ豆ですけど、枝豆的には三つに分類されるらしくって、普通の枝豆系、茶豆系、黒豆系だそな?この違いは枝豆の薄皮の色で区別できるんだと…枝豆はご存じの通り黄緑色系、茶豆は薄茶色系、黒豆は薄紫系だそな…だだちゃ豆は名前の通り茶豆の仲間…そゆ事だったのか(笑)

 何とゆーか、たかが枝豆、されど枝豆でして、世の中って広いと思いました…何と枝豆バスまであるんですよ…枝豆が校章の小学校とか…いえ、祭り系なら町起しでどこでもやってそーだよなぁと思っていたんですが、そんな次元じゃなかったんですねぇ…その祭りですけど、えだまめ旬宴会(野田/千葉)の六月から、丹波篠山味まつり(丹波/兵庫)の十月まで全国で行われているそーな…

 それにしてもいつから日本人は枝豆食べていたんでしょ?というと、延喜式にも生大豆として掲載されているそな…生大豆=枝豆としたら平安の昔から?何とゆーか、食の国日本だよなぁ(笑)ちなみに大豆として豆として食べるのは世界的にあっても、枝豆として食べるのは日本発だそな…そっか、枝豆ってめいどいんざぱんだったんだなぁ(笑)

 アリス的に枝豆って?どっかに出ていた記憶があるんだけど?どこだっけ?枝豆って塩ゆでが普通かと思っていたら、世の中そんなに甘くない(笑)朝井さんと食べたい、枝豆フェタサラダとか(笑)、朱色でどーだの枝豆リゾットとか…絶対忘れてはいけない枝豆カレーなんてレシピが掲載されていたり…枝豆料理いろいろあるみたいです(笑)

 後アリス的というと、黒鳥で黒鳥亭殺人事件ですか?新潟に黒鳥というとこがあるみたいで、そこが枝豆(黒埼茶豆)の名産地らしい…

 まぁ、とにかく物凄くシリアスに枝豆リスペクトしている本なんですが、もー何が凄いっておまけのCD…これはもーある愛の歌そのものっ愛とは決して後悔しない事を地でいってらっさるなぁと目から鱗が(笑)気分的には夏なのにクリスマスソングに聴こえてきたのは、音痴な耳のせーだろなぁ…

 取りあえず、枝豆好きの人に本書をお薦めしときます、うん。

 目次参照  目次 食物

|

« 全ロンドンが舞台(笑) | トップページ | わたしたちが作ったものはすべて偽物だ(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枝豆や三寸飛んで口に入る?:

« 全ロンドンが舞台(笑) | トップページ | わたしたちが作ったものはすべて偽物だ(笑) »