« 日本の海の人だもの… | トップページ | S.P.Q.R.?S.P.Q.R(笑) »

2012年9月25日 (火)

玄関の主(笑)

紳士靴を嗜む  飯野高広  朝日新聞出版

 サブタイトルが、はじめの一歩から極めるまでなんですが、本書はホントに基本のキのノリかなぁ?これ一冊でだいたいの靴の流れが分かる感じ?実用書だと、出来上がった靴をお薦めみたいなカタログ的本が多い中でこちらは人の足から始まって、靴の出来方やバリエーションやマナーに手入れとこの本一冊で取りあえず靴との生活が何とかなる仕様かな、と(笑)

 それにしても、今までの日本人なら足の指親指が一番長いのが普通だったのに、最近は人差し指の方が長い人が増えているそな…で、前者をエジプト型と言って、後者をギリシャ型と言うそーな…地中海のお向かい同士で足の指の長さが違う、間の人たちはどんななんだろーとふと思ったり(笑)

 さて、靴屋さんも少し掲載されていますが、本当に小さくしか掲載されていません…どこぞのブランドの回し者的なそれとは一線を画していらっさる模様…しかも、いわゆるブランドのお店というより既成靴のお店を載せている辺り、本書はパンピー向けなんだとゆー姿勢を貫いていらっさると…

 そんな中出て来るメーカーは、イギリスだとAlfred Sagent、CHANEY、Church's、CROCKET & JONES、EDWARD GREEN、GAZANO & GIRLNG、GRENSON、Tricker'sだそー…紳士靴メーカーらしいので今一ピンとこないんだけど、だんすぃーなら皆様ご存じのとこばかりなんだろか?既成靴だからお手軽なとこなのかなぁなんて思っていたら、イタリアの靴メーカーのとこではARTOLIがありまして、こちら何とブッシュとフセイン両大統領御用達の靴屋という事になるそーな…イラク戦争時どちらもこちらの靴を履いていたりしたら、アレだなぁ…

 アリス的に靴…アリスは何かカジュアルな靴のイメージが勝手にするんだけど?どだろ?准教授の方は黒の一択しかないよーな?いや、まさか白のスーツで靴も白というのは、ないよねぇ…それでなくても見かけが流離いのギャンブラーもどきなのに、靴まで白かったら洒落にならないよな(笑)

 ちなみに日本人の足は甲高幅広だと信じられてきたそーなんですが、実は隠れ幅広、親指と小指の付け根の間にある靭帯が伸びていて開帳足になっている人も多しなのだそな…一見、見た目は幅広でも違うという事でこちらはプロなら見破れるそー…不明の人は一度、ちゃんとしたフィッターの人がいるお店で購入するといいのかも?

 紳士靴だと形的にフォーマルだのセミフォーマルだの分かれているけど、色的にはやはりビジネスには黒、休日には茶となる模様…やはり黒の世界なのか(笑)そんな靴は革でできていて鞣しには植物とクロムと混合になるみたいだけど、植物鞣しにはケブラチヨ(南米)とか、ミモザ(南ア)とか、栗、楢(欧州)とかから抽出したタンニンを使用してきたそな…所謂渋ですよね…柿渋なんかもこの仲間なのかなぁ?

 お手入れ方法でカビの生えた靴の再生方法まで掲載されていて、実に有り難やな本なんですけど、個人的に気になったのはインターネットでのオーダーメイドかな?オーダーメイドというと頑固職人のイメージ強かったけど、時代はもーそんなの関係ねぇ(古っ)になっていたんですねぇ…

 目次参照  目次 ファッション・アクセサリ

|

« 日本の海の人だもの… | トップページ | S.P.Q.R.?S.P.Q.R(笑) »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玄関の主(笑):

« 日本の海の人だもの… | トップページ | S.P.Q.R.?S.P.Q.R(笑) »