« 伝統の美しさ。 | トップページ | 素材なのか調味料なのか(笑) »

2012年9月30日 (日)

ふるむーん~

暮らしに生かす旧暦ノート  鈴木充広  河出書房新社

 今日は十五夜という事で、月の話のはずが何故か暦の話に…いえ、太陰暦だよねと単純に考えいたら、明治前って太陽太陰暦だったと…まぁ言われなくとも、太陰暦、月に合わせていくと一月が29日か30日…そのまま12ヶ月とやっていくと段々月がずれて季節もずれていくとゆー事になるんだなぁと…日本は農耕民族ですから、一年の暦としては太陽暦の方が季節ずれないから有り難いとゆー事になるらしー…しかし、1日か新月で15日が満月というのも生活していくには分かり易いと…かくしてその折衷版太陽太陰暦となる訳で…この季節のずれがなるべくなくて、月の動きとも連動している暦って計算するのもちょっと大変という事で、維新前の暦って専門職だった訳でんねんと(笑)

 で、中秋の名月って、8月15日の月ですよね。15日が満月なのは旧暦的には分かりきった事でしょーけど、中秋って何よ?と思っていたら、これ昔は7月8月9月が秋の区分だったそーで、8月といえばその真ん中の月、だから中秋になるそーな…

 でもって、中秋の名月って満月のイメージでこれまた漠然といたけど、実際は名月と満月が重なる日の方が珍しいって…6割方は満月前日という事になっている模様…更に、中秋の名月の日って必ず仏滅なんだとか…いやー暦っていろいろ裏があるなぁ(笑)

 アリス的に中秋の名月というか、毎年お月見している風流人は婆ちゃん位しか思いつかないんだけど?はて、京都は月見にもいろいろ仕来りあるんだろーか?アリスなんかは花より団子のよーな気がする?それとも月見酒かな?

 後はアリス的というなら上巳の節句、桃の節句、お雛様かなぁ?モモちゃんつながりで…元は中国で河で洗濯もとい禊を行っていたのを、日本では川に形代を流すになって、これが流し雛の原型とか…ちなみに今に続くひな人形の原型はこれまた江戸の元禄からだそな…まぁこれが町民とするならば、農民の皆様は磯遊び、浜下りだったそーでこれ何?って言うと今でいう潮干狩り…そーいえばダリ繭で火村ゼミの潮干狩りなんて出てきたよーな(笑)

 その他、豆知識も満載で、例えば旧暦では三年に一度は閏月があった、けど、それがどの月に入るかは決まっていなかった…とか…、端午の節句はもともとは女性のための節句だったとか、暦の由来ってたいてい中国かと思っていたら、土用、節分、彼岸、社日、八十八夜、入梅、半夏生、二百十日、二百二十日は日本独自のものだったんですねぇ…、古代ローマの暦(ロムルス暦)では一年は10ヶ月だったとか…何と一月と二月がないんですよ…冬籠り中で社会活動無しに近いんで、無い事になっていたって…さすがローマ帝国サマなのか?

 その他、暦にまつわるお話いぱーいですので詳細は本書をドゾ。第三章の東京暮らしの季節ごよみの章なんて、中年サラリーマンの悲哀がにじんでいてパネェっす(笑)

 目次参照  目次 文化・芸術

|

« 伝統の美しさ。 | トップページ | 素材なのか調味料なのか(笑) »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふるむーん~:

« 伝統の美しさ。 | トップページ | 素材なのか調味料なのか(笑) »