« ぼーやだからさ(笑) | トップページ | 北から南から(笑) »

2012年9月 3日 (月)

かっこめかっこめ(笑)

人気シェフの創作丼+ご飯料理  旭屋出版

 本の判型がA4と大きいので、何とゆーか写真の大きさに迫力ありますのノリかなぁ?本の前半が12人のシェフによる創作丼が並んでいる感じで、後半は関東の飲食店の丼がピックアップされてると、そして最後に日本全国の丼が駆け足でついているかな?レシピが掲載されているのは前半のみなので、後半は雑誌的なノリに近いかも?

 個人的には丼で一番スタンダードなのは親子丼なんだろなぁと思うんですが、親子丼、簡単な割には自分で作るとなると難しいんですよね…いえ、丼は出来るにはできるけど、こーイマイチな出来…鶏肉が固かったり、卵に火が通り過ぎたり…ジャストなタイミングってこれプロの技なんだろな、と…さて、本書は創作丼なので親子丼も豆乳親子丼(@なすび亭/恵比寿)が掲載されています。鶏肉はもも肉だけでなくつくねも入っているので食感が違って面白いのか?玉子とじ方が下手な己としてはこの丼のいいところは黄身をそのままのせているとこ…生なら間違いなしってか(笑)

 他は安曇野産地鶏のラグーの親子丼(@恵比寿DAL-MATTO/恵比寿)でしょかねぇ?こちら素材が全てサイコロ状になっていて見た目も面白いと思いまする…しかもこちらも卵が温泉卵をのっけているのでとじ方で悩まなくていいーんだ(笑)

 アリス的に丼…何かこーゆーガッツリ系はアリスより准教授がかっこんでいそーな気が勝手にしているんですが?どでしょ?アリスのとこで丼が似合いそーなのというと、大阪府警の皆様方かなぁ?何かそれぞれに贔屓のお店がありそーな気配が(笑)

 さて、アリス的というと本書では夏野菜とスパム丼(@SLOWFOOD ITALIAN RESTAURANT LIFE./富ヶ谷・渋谷)ですかねぇ?所謂一つのゴーヤチャンプルー丼(笑)ええ、ラフレシアでゴーヤ食べてたアリスですから、丼もいけるでしょ(笑)

 お店のメニュー的にいくと大根と豚の角煮丼しょうがとはちみつ仕込み(@イルカッフェ)なんてどでしょ?こちら片桐さんのホームグランド吉祥寺にあるんですよ(笑)アリスもお泊りの時に行っているかもしれないってか?

 他は海奈良の魚魚魚で海鮮丼から、とびっちょ丼(しらす問屋とびっちょ/江の島)なんてどかなぁ?こちらの丼、中トロ、イカ、サーモン、カンパチ、ウニ、イクラ、トコブシの煮つけ、それにしらすとわかめと何とゆーか刺身の王道行っている気がしないでもないよーな?同じく刺身系色々のりならそのおよそ半額で食せる切り落としヅケ丼(@築地すし久/中野)の方がコスパいいよーな気がするけど、こちらは切り落としだからの価格破壊か?

 さて、上記で府警のメンツが出てきたので、警察で丼と言ったらカツ丼でしょ(笑)本書では完熟トマトのカツレツ風どんぶり(@COONEEDS ASSOCIE/渋谷)が出てきますが、これデリ系なんでそこはかとなくおされ…こーゆーのは森下さんが行くしかないよーな気がするが?今だとこまちさんもありか(笑)

 お店系でというと、香味塩かつ丼とかつ丼(@かつ玄東京駅店/東京駅キッチンストリート)になるんでしょーか?ちなみに塩かつ丼の方はだしをかけるとお茶漬けになるとゆーすぐれもの?

 それにしてもカツ丼って醤油だしベースのそれが普通かと思っていたら、郷土料理的にはエスカロップ(@根室)とか岡山カツ丼とかはデミグラスソースがかかっているカツ丼みたいだし、駒ケ根ソースカツ丼(群馬)はその名の通りソースで頂くカツ丼だし…カツ丼と一口で言っても色々あるものなのね(笑)

 目次参照  目次 食物

|

« ぼーやだからさ(笑) | トップページ | 北から南から(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かっこめかっこめ(笑):

« ぼーやだからさ(笑) | トップページ | 北から南から(笑) »