« ふるむーん~ | トップページ | 天下、乞食に似たり(笑) »

2012年10月 1日 (月)

素材なのか調味料なのか(笑)

うまみたっぷり簡単!漬け物おかず  宮城恵美子  家の光協会

 本の主旨としては漬物を使って料理を作ろうみたいなんですが、まぁ漬物そのまま食べてばかりでは飽きもあるとゆー事で、目先を変えて素材として使ってみたらどんなもん?かな?日本人的には馴染みのある漬物ばかりなので、そんなに構えなくていいし、ついでに言うとレシピも手順が三つか四つしかないので、これはある意味お手軽なのかもしれない?

 個人的に本書で一番おろろいたレシピは梅干しのとこにあった、梅入り干し柿の揚げ物…ええ、干し柿に梅干しを投入して天ぷらですか?うーむ、どんな味なんだろ?とちょっと考えしまった?干し柿は甘く、梅干しは塩辛くて酸っぱい…そのコラボ、の天ぷら…うーむむむ(笑)

 も一つ想像がつかないのが、アスパラガスとらっきょうの赤ワインドレッシングがけですかね?アスパラと赤ワインドレッシングまでは何とか想像ついても、そこにらっきょう…うーむむむ…これは小玉ねぎのピクルスと思えばいーんでしょーか(笑)

 その他にも目から鱗のレシピ満載ですので、詳細は本書をどぞ(笑)

 アリス的に漬物というと、やはり一番にあげないといけないのは婆ちゃんでしょかねぇ?京都という土地柄からして漬物はたくさんありそーだけど?どだろ?そーゆー点では朝井さんも相当に詳しそーだよなぁ?

 さて、本書のレシピ的にはやはり漬物も野菜という事でサラダのレシピが多いよな?サラダと言えば朱色だぜって事で、きゅうり漬けとりんごのサラダ、白菜漬けの洋風サラダ、たくあんとほうれん草のツナサラダ、キムチの韓国風サラダ、ピクルスと甘夏のサラダ、らっきょうのポテトサラダアボカドと豆腐ときゃらぶき風味のサラダが掲載されています。朱色ではイタリアンな雰囲気満載でしたけど、こちらはある種無国籍風なのか?日本風なのか(笑)

 後はラフレシアでハム好きのアリスになす漬けのハムにぎりとか、ハムのピクルスソースとかはどーか?と…他は朱色で本当は食べる予定だった手まり弁当って事で白菜漬けの手まり寿司風とか…スウェーデン館でのシチューで白菜漬けの豆乳クリームシチューとか…どだろ?

 後は絶叫城その他で食べているパスタだけど、きゅうり漬けとゆで卵の冷製カッペリーニとか、たくあんとアンチョビのバスタとか、葉唐辛子のパスタとかはどだろ?でもこれ写真見る分には色味が寂しいんですが?でもパスタってペペロンチーノの例があるよーに見かけが寂しいからといって味は違うもんなぁ?

 他はとゆーと201号室の居酒屋で食べたかもしれない、シュークルートかな?個人的には本書で一番無難かなぁと思ったレシピなんですけど(笑)所謂、ザワークラウトとソーセージの煮込みみたいな物…ドイツ風ポトフかおでんといった感じなんだろか?

 目次参照  目次 食物

|

« ふるむーん~ | トップページ | 天下、乞食に似たり(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素材なのか調味料なのか(笑):

« ふるむーん~ | トップページ | 天下、乞食に似たり(笑) »